サネカズラ

2011年12月16日

サネカズラ

昨日にひきつづき、火曜日の和泉川の風景より。

桜並木の向かい側の歩道の桜の木に
蔓がからまって赤い実をつけていました。

サネカズラ(実葛)あるいは、美男葛(びなんかずら)
という植物のようです。

咳や痰の生薬としても用いられるようで、
生薬名は南五味子(なんごみし)。

もしかした毎年赤い実がなっていたのかもしれないけれど、
あまり気にしたことがなかった…。

DSCF0166


この日は、もしかしたら、
何か違和感を感じて目が行ったのか。

この木にからまった蔓になっている実が
なんだかみんな、いびつで変。

DSCF0162


下の写真は、3mくらい向こうの川側の
たぶん別の蔓になっている実です。

DSCF0169




soranimukatte_23 at 23:53|PermalinkComments(0)