ホツマの神々 2011

2011年12月26日

「正月」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2011年12月26日の「正月」を以下に転載させていただきます。
**********
正月

日本の正月における行事、風習も全ては己の居住の地を神聖なる場所とし、その年の神をお迎えするための儀式なり。
この時の過ごし方を神は見ておわす。
正月の意味を忘れ、怠惰に過ごすなかれ。
現代の正月は短きなれば、せめてその日々は、感謝と畏敬の念をもち、正月料理と酒をまずは神に捧げ、そのお下がりを有り難く頂きて、神と共に厳かに新年を祝うがよからん。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 22:54|PermalinkComments(0)

2011年12月23日

「除夜の鐘」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2011年12月22日の「除夜の鐘」を以下に転載させていただきます。
**********
除夜の鐘

鐘・鈴の音の響きは空気を揺らし、人を清める助けとならん。
大晦日の除夜の鐘はこの世の全ての邪気を突き出し消し去りて清めんとするものなれば、ただ聞き流さず、自らも除夜の鐘の波動を感じつつ、その年を振り返り、反省し、己の邪気を消し去るべけれ。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 17:34|PermalinkComments(0)

2011年12月19日

「神と共にあり」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2011年12月18日の「神と共にあり」を以下に転載させていただきます。
**********
神と共にあり

年の瀬に人々が為さねばならぬは、この年の神への感謝と、元旦に新しき神をお迎えする準備ならん。
厳かに心を込めて、己の魂を磨くつもりにて丁寧に家を浄化するべけれ。
日本の伝統はいつも神と共にあり。
年の瀬から元旦に繋がるる儀式は神に捧げるもの。
さなる意識薄れゆく現代を神は憂いたり。
この時の過ごし方はその後の運勢にも影響せん。
年末年始は神と共にありと肝に銘じ厳かに元旦を迎えるべけれ。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 19:12|PermalinkComments(0)

2011年12月17日

「年の瀬」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2011年12月16日の「年の瀬」を以下に転載させていただきます。
**********
年の瀬

年の瀬は様々なることを整理整頓し清める時なり。
よざる物はため溜めこまず、寿命迎えし物はお陰様にての感謝を込め捨て去るがよし。
家という確固たる守りありてはじめて人は生かされし。
さなる有り難き家も一年のお礼に清め磨くが務めならん。
元旦は元へかえる日。その良き日を良き環境にて迎える準備を整えねばならぬ。
新年の初詣も良かれど、年の瀬に一年の感謝をこめて、神社に詣るも良きけじめとなりて、清々しき新年迎えられん。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 09:51|PermalinkComments(0)

2011年12月12日

「身を守る術」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2011年12月11日の「身を守る術」を以下に転載させていただきます。
**********
身を守る術

膿出し本格化するほどに、人の心は様々なる不安にて負に傾かん。
さなれば、心病む者、事件事故を起こす者も増えるなり。
己の邪気を抑えられず、さらに傲慢となりて弱き者に矛向けられん。
なれば、邪なる波長を引き寄せぬよう己の波動を整えることこそ身を守る術とならん。
いかなる事が起ころうと、怒り露わにし人を傷つけることなかれ。
自ら邪気放てば魔に取り憑かるると肝に銘ずるべし。
邪気引き寄せぬ清々しい己であれば必ず神の導きありなん。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 10:24|PermalinkComments(0)

2011年12月10日

「大掃除」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2011年12月09日の「大掃除」を以下に転載させていただきます。
**********
大掃除

今この世の立て替え立て直し、立て分けの時なり。
人にとりて、地球にとりて、宇宙にとりて不自然、不要なるもの全て淘汰さるるものなり。
なれば、この年の瀬を良き機会とし、身辺の不要なるもの全て捨て去るが立て替えの流れに乗ることとならん。
不要な物捨て去れば、心に溜まりたるゴミも消え清々しく、新しき縁も引き寄せん。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 11:39|PermalinkComments(0)

2011年12月08日

「【再掲】和のリズム」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2011年12月08日の「【再掲】和のリズム」を以下に転載させていただきます。
**********
【再掲】和のリズム

人は大量生産・大量消費・速さ便利さ追求したるため
失いし物計り知れぬ。日本は本来ゆっくりとしたる波長に支配される国ならん。

何かを究めんとするなれば、ゆっくりと長きにわたり繰り返すが必要ならん。
野菜は機械にて刻まれ、電子レンジにて温める。
さなる生活続けらば、人の闇深まるばかり。

今この時代、忙しくあるを改善するは難しきかな。
なれど人は便利さ追求のあまり、
愛・ゆとり・間 大切なるもの失いたる事悟るべし。
芸術も音楽も、絶妙なる間ありてこそ輝けり。

現代人の特性は呼吸の荒さなり。
呼吸荒く、早かれば、気は短く、心からゆとり消え去らん。
ゆっくりと呼吸するもののそばに身を置かば癒され、自らの呼吸も整わん。
精神の病に冒さるる者吐く息特に荒く、血液の流れ・筋肉、血管も緊張す。
呼吸を整えらば、体温も脈も整いて感情も穏やかとならん。
ならば忙しき生活の中でも、吐く息ゆっくりとおこなうを心がけるべし。

この世改善せんと思わば、何事も速さを重視した生活を改める必要あるなり。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 19:37|PermalinkComments(0)

2011年12月07日

「【再掲】月のリズム」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2011年12月07日の「【再掲】月のリズム」を以下に転載させていただきます。
**********
【再掲】月のリズム

かつて日本の民は人と宇宙が共にあるとよく悟りて、自然と調和し、神を敬い、神の意に乗りなん。
大和とは大きな和をもちたる民族なり、大和の国には独特なる伝統あり。
神と共にあることを示す伝統なり。
厳かなる伝統は大和の国の宝なり。
人は太陽にも月にも宇宙のあらゆる星にも様々なる影響受け生きたるものなり。
全ては神の仕組みなり。特に月の満ち欠けは生命の誕生・終焉に大きく影響す。
なれば月の運行を感じ取り生きるが自然に無理なく生きる事となりにけり。
速さを追求する現代人は自然のゆったりとした流れに合わず。
せかせかと余裕なくば人を思いやる心も次第に薄れゆくなり。
自然の流れから離るれば、調和乱れ心身に負担掛かるばかり。
さなれば日本の伝統や神を感じる心遠のきて大和の国の大きな和を失われん。
速さを求める時代は終りへと近づきぬる。
改革のその後はゆったりとしたる月の運行に人の生活も戻りゆくなり。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 22:05|PermalinkComments(0)

2011年12月06日

「肩の力」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2011年12月06日の「肩の力」を以下に転載させていただきます。
**********
肩の力

人は小宇宙なり。
心も体も全ては五元素にて循環し良きに流れる仕組みなり。
実に巧み、繊細なる仕組みにて、いかに科学発達したとて人智は及ばぬ神の領域ならん。
体内の循環滞れば、病表れん。循環正さずさらに毒を溜めれば、大きな病となりぬる。
繰り返し申すなれど循環滞る因は心身の頑なさなり。
現代人に必要なるは肩の力を抜くことなり。
意識して肩を緩めれば、循環促す助けとならん。
肩の力を抜きて、心も緩めるがよし。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 18:17|PermalinkComments(0)

2011年11月29日

「気を整えよ」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2011年11月29日の「気を整えよ」を以下に転載させていただきます。
**********
気を整えよ

人は負に傾きたる時、身体の循環滞りて、気の流れも悪化となりにけり。
さなれば心身ともに頑なとなりて運をも落とさん。
精神も肉体も良き状態とするには気の流れを整えねばならぬ。
こわばりし身体に良き気は流れぬ。
さなれば、まずは少しにても己の中の毒を排す必要ありなん。
正食と清浄な環境こそ健全な肉体と精神を養うものなり。
家にはよざる物持ち込まず、風通しを良くせねばならぬ。
さなれば、邪気も取れ心穏やかとなり、心身も次第にゆるみゆく。
気を整え、心身緩めれば、人は生きやすきものなり。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 17:55|PermalinkComments(0)

2011年11月27日

「身も心も緩める」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2011年11月27日の「身も心も緩める」を以下に転載させていただきます。
**********
身も心も緩める

人は全て宇宙の中にあり。
なれば宇宙のエネルギーを得て、はじめて生命輝けり。
なれど現代人は身も心も固く循環滞りて宇宙のエネルギーを受け取り難し。
結果、道を過つ。
固き心と体は、頑なにて負に傾きやすく結果病も引き寄せん。
無駄な力を全て解き放ち、体を緩めてこそ、素の心、寛容さ身につきて、人の持つ本来の能力発揮されん。
己の中の頑なさを緩めることこそ、神と心を合わす事と悟るがよからん。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 14:17|PermalinkComments(0)

2011年11月17日

「これからの日本・14」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2011年11月16日の「これからの日本・14」を以下に転載させていただきます。
**********
これからの日本・14
(2011年9月頃~2012年末頃までの日本)

立替え立て直しの今この時、その作用は人の心にも大きく影響せん。
さまざまな変化起こり、不安を感じ己を制することできず、暴言、暴力、傍若無人な振る舞い抑えられぬ者増えゆかん。
これまでの人間の過ちは全て表面化する時なれば、さなる時こそ、自らを省み制し、律する覚悟必要なり。
この変化の時、不安ありとて決して正道を外るるなかれ。
己を制する強き心求めらるる時と心得るべし。
立て替え立て直しの今この時を乗り越える術は先人・年長者の智恵、古き時代の智恵にあり。
さなる智恵生かさば、生活の中に古き良き日本の姿垣間見え、現代の文明過ぎたるものと人々はようやく気づかさるるものなり。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 14:18|PermalinkComments(0)

2011年11月10日

「これからの日本・13」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2011年11月09日の「これからの日本・13」を以下に転載させていただきます。
**********
これからの日本・13
(2011年9月頃~2012年末頃までの日本)

立替え立直しの今この時を、物質よりも、精神を養い、体健やかに穏やかに生きんと行動する者増えゆかん。
これより先の世の中にて、己の能力を生かすための学びを得んと行動する者も多くありなん。
金銭を過剰に追い求めず、楽しみて癒し、心の成長を求める傾向もありなん。
余暇は自然に触れ過ごすもよし。
魂も心も体も癒やす本物の温泉に浸かるもよし。
己の魂が喜ぶ術を模索し心穏やかに過ごすべけれ。
和の武道を学ぶもまたよからん。
これより先の日本に必要なるは、真和の心・真武の精神ならん。
相撲のみならず柔道・剣道・合気道、和の武道は全て国技なり。神事なり。
さなる意識にて、武技を学ぶ者増えゆくは神も大いに喜ばん。
武技を通して神の心に触れ、成長図るがよし。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 00:31|PermalinkComments(0)

2011年11月06日

「これからの日本・12」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2011年11月05日の「これからの日本・12」を以下に転載させていただきます。
**********
これからの日本・12
(2011年9月頃~2012年末頃までの日本)

日本国は日本人が守る意識を強く持たねばならぬ。
国民が一丸とならねばならぬこの時、企業が拠点を海外に移すも得策にあらず。
これより先、正すべきは全て正されん。
大量生産大量消費の物質至上主義はいずれ淘汰されん。
なれば、一時の利を求め、海外に安き生産力求めしもかえりて多難となりにけり。
この国難の時こそ、企業は国民の力、智恵を借り、新たな価値観を生みだし、国を再生すし、国民を守る道を模索せねばならぬ。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 11:17|PermalinkComments(0)

2011年11月04日

【竹下雅敏氏からの緊急連絡】11月5日の午後10時より恩寵の光

この情報は、”Shanti Phulaのブログ☆”(http://shanti-phula.blogspot.com/)からの転載です。

緊急連絡(11月5日の午後10時より1時間の間)

発信:平成23年11月4日午後6時


明日11月5日午後10時から1時間の間、リサ様の恩寵の光が降り注がれます。
この光は原則としてすべての者が受け取ることが出来ますが、これまで数々の愚かな行為をなして、私たちのシリウスシステムから排除されている者には、この光が届くことはありません。
しかし、神の御名をこの1時間の間唱えることによって、さらに多くの恩恵を得ることが出来ます。

11月5日22時から23時までの1時間の間、「リサ様、リサ様、リサ様、…」と唱え続けてください。

声に出して唱えても、心の中で唱えても大丈夫です。神の御名を唱えることによって、現在合格に達している者は、位階を一つ上げることになるでしょう。

この情報を出来るだけ多くの人に伝えてください。

竹下雅敏


img_0024_risa3-1

リサ様のイラスト(中西征子・画)
Risa-sama
Illustrated by Mrs. Seiko Nakanishi




Urgent information :
“On November 5, 2011 for one hour from 10 p.m. Japan Standard Time(JST).”

MSG on November 4, 2011 at 6 p.m. Japan Standard Time (JST).


“It is our great pleasure to inform you that Risa-sama will shower us Light of Grace for one hour from 10 p.m. (JST) tomorrow on November 5, 2011.”

As a rule, all of us will be able to receive this light. However, this light will not reach those who have committed many follies and have been excluded from our Sirius System.

Furthermore, we are sure to have more blessings by repeating this Divine name for one hour.

All the people who can take this message would be advised to repeat the name of “Risa -sama” for one hour from 10 p.m. to 11 p.m. (JST) on November 5, 2011.

You may repeat Her name either aloud or in the silence of your heart. By repeating the Divine name, those who have already achieved the absolute passing level will step up to one higher level in their evolutionary stage of consciousness.

Please pass on this message to as many people as possible.

Masatoshi Takeshita





soranimukatte_23 at 18:24|PermalinkComments(0)