星・占星学

2013年05月14日

(動画)2つの銀河が出会う時

ハッブル宇宙望遠鏡が観測した映像をもとに
2つの渦巻き銀河が衝突する様子を
シミュレーションした映像みたいです。






上の動画とは関係ないかもしれないけど、
2001年の天文ニュースにこんな記事がありました。
興味深いのでリンクします。

衝突する2つの銀河を結ぶ黒いパイプライン(アストロアーツ 2001年1月24日)
http://www.astroarts.co.jp/news/2001/01/24hst-galaxy_pipeline/index-j.shtml

soranimukatte_23 at 23:34|PermalinkComments(0)

太陽の変化

太陽活動が活発になっています。
http://swnews.jp/

昨日と今日で、
なんとXクラスのフレアが3回も発生しています。

そして、このタイミングで、
国立天文台の太陽観測所が
ツイッターでの情報発信を開始したという知らせが。




天体や宇宙天気に関する情報は、
今までは機密情報として多くが隠されてきました。

何かが大きく変わってきています。


***

発信しなければという衝動が小さくなっているので、
このブログの記事の更新頻度が減るかもしれません。

といっても、私の場合は、
常に「いま」の心のままに生きているので
また立て続けに更新したりすることも
あるかもしれませんが(^^;

これからの羅針盤は、
自分自身のハートです(☆゚∀゚)

soranimukatte_23 at 17:48|PermalinkComments(0)

2013年05月07日

★星空カレンダー(5月7日〜5月24日)

「アストロアーツ星空アナウンス Vol.241 (2013.05.07) 」からの転載です☆

***********************************************************
★星空カレンダー(5月7日〜5月24日、★マークは解説付き)
***********************************************************
5月     パンスターズ彗星が一晩中見える

5月10日(金)●新月/オーストラリア北部などで金環日食(★)

5月12日(日)夕方、細い月と木星が接近(★)
5月18日(土)上弦/宵〜深夜、月とレグルスが並ぶ

5月下旬   夕方、水星、金星、木星が大接近
5月21日(火)小満(太陽黄経60度)
5月22日(水)宵〜翌23日未明、月とスピカが大接近
5月23日(木)夕方〜翌24日未明、月と土星が接近(★)

----------------------------------------------------------------
●土星が見ごろ、23日には月と接近
----------------------------------------------------------------
土星が一晩中見えていて、観察の好機です。天体望遠鏡を使うと環があ
ることがハッキリとわかり、「これぞ土星!」という姿を楽しめます。
科学館や公開天文台などで開催される観望会に参加してみましょう。

・【特集】土星を見よう(2013年)
http://www.astroarts.co.jp/special/2013saturn/
・【投稿画像ギャラリー】土星(2013年)
http://www.astroarts.jp/photo-gallery/special/194

また、23〜24日には満月前の明るい月と接近します。土星を意識して見
たことがない方も、月を目印にしてすぐに見つけられるでしょう。肉眼
では環は見えませんが、美しい姿を想像してみてください。
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2013/201305/0523/

----------------------------------------------------------------
●10日にオーストラリア北部などで金環日食
----------------------------------------------------------------
10日、オーストラリア北部やキリバスなど南太平洋で金環日食が見られ
ます。日本時間では朝の現象で、最長継続時間は約6分です。ウェブの
中継や後日公開される画像などで楽しんでみましょう。
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2013/201305/0510/

----------------------------------------------------------------
●12日の夕方、三日月と木星が接近
----------------------------------------------------------------
日食(=新月)から2日後、夕空には細い三日月が見えます。月の暗い
側がぼんやりと光って見える地球照も幻想的です。月の上に明るく輝い
ているのは木星です。ペアを眺めたり写真に収めたりしてみましょう。
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2013/201305/0512/

----------------------------------------------------------------
●惑星、おもな彗星
----------------------------------------------------------------
・水:下旬から夕方 −2.1等/
   下旬 金星、木星と大接近(金星との最接近 24日/木星 27日)
・金:中旬から夕方 −3.9等/
   下旬 水星、木星と大接近(水星との最接近 24日/木星 28日)
・火:太陽に近く見えない
・木:夕方〜宵 −1.9等/12日 細い月と接近/
   下旬 水星、金星と大接近(水星との最接近 27日/金星 28日)
・土:一晩中 0.2等/23〜24日 月と接近
・天:明け方 5.9等
・海:未明〜明け方 7.9等
・彗:C/2011 L4 パンスターズ
    一晩中 7〜9等/下旬 北極星に接近(最接近 27日)
   C/2012 F6 レモン
    未明〜明け方 7〜9等/
    下旬 アンドロメダ座αと接近(最接近 27日)
(惑星の等級は5月15日12時(日本時)の値/彗星は期間中の推移)

----------------------------------------------------------------
■より詳しくは、アストロアーツ「星空ガイド」で!
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/


soranimukatte_23 at 15:16|PermalinkComments(0)

2013年04月25日

(動画)宇宙からの「火の球」

宇宙からの「火の球」アルゼンチン上空を飛ぶ(ビデオ)(ロシアの声 4/25)
http://japanese.ruvr.ru/2013_04_25/111684025/




隕石じゃないかと言われているようですが、
私にはUFOのデモンストレーションのようにも見える(^ ^;
来週の公聴会に向けて…とか?


上の動画を見た時に思い出したのは、
2010年にアメリカで目撃された「流星」。

当時、CNNでも取り上げられてました。
(このブログでも紹介しました。)



soranimukatte_23 at 21:50|PermalinkComments(0)

2013年04月22日

★星空カレンダー(4月22日〜5月7日)

「アストロアーツ星空アナウンス Vol.240 (2013.04.22) 」からの転載です。

***********************************************************
★星空カレンダー(4月22日〜5月7日、★マークは解説付き)
***********************************************************
4月下旬
  〜5月  パンスターズ彗星が一晩中見える(★)

4月22日(月)4月こと座流星群が極大(★)
4月24日(水)宵〜翌25日未明、月とスピカが接近
4月26日(金)○満月/明け方、西日本で部分月食(★)/
       未明〜明け方、月と土星が並ぶ
4月29日(月)土星がてんびん座で衝(★)

5月2日(木)下弦
5月5日(日)立夏(太陽黄経45度)
5月6日(月)みずがめ座η流星群が極大(★)

----------------------------------------------------------------
●土星を観察してみよう
----------------------------------------------------------------
土星が見ごろを迎えています。宵のころ、南東の空でおとめ座のスピカ
と並んでいて、一晩中見えています。天体望遠鏡で観察すれば環がある
こともハッキリとわかり、「これぞ土星!」という姿を楽しめます。

・【特集】土星を見よう(2013年)
http://www.astroarts.co.jp/special/2013saturn/
・【投稿画像ギャラリー】土星(2013年)
http://www.astroarts.jp/photo-gallery/special/194

----------------------------------------------------------------
●今夜、4月こと座流星群が極大、連休終わりにはみずがめ座η群
----------------------------------------------------------------
4月22〜23日、4月こと座流星群の活動がピークとなります。出現数は
1時間に10個ほどと少なく、23日未明まで月明かりがあるので、過度な
期待はせず「見えたらラッキー」くらいの気持ちで見上げてみましょう。
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2013/201304/0422/

また5月5〜6日には、みずがめ座η流星群の活動がピークとなります。
こちらも多くの流れ星が飛ぶわけではありませんが、月明かりの影響は
小さいので、連休の最後は少し長めに夜空を眺めてみましょう。
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2013/201305/0506/

----------------------------------------------------------------
●4月26日明け方、西日本で部分月食
----------------------------------------------------------------
4月26日の明け方、部分月食が起こります。月没間際の現象で、九州以
外の地域では月食が終わる前に月が沈んでしまいます。欠け具合も小さ
く注目度は低いですが、西の低空の満月を少し注意してご覧ください。
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2013/201304/0426/

----------------------------------------------------------------
●パンスターズ彗星が周極星に
----------------------------------------------------------------
パンスターズ彗星(C/2011 L4)が周極星となり、一晩中見えています。
暗いため観察はやや難しいですが、写真にはよく写り、広がった尾が印
象的です。天の川や星雲星団との共演など、撮影を楽しみましょう。
・【特集】パンスターズ彗星(C/2011 L4)
http://www.astroarts.co.jp/special/c2011l4/

----------------------------------------------------------------
●惑星、おもな彗星
----------------------------------------------------------------
・水:太陽に近く見えない
・金:太陽に近く見えない
・火:太陽に近く見えない
・木:宵 −2.0等
・土:一晩中 0.2等/4月29日 衝
・天:明け方 5.9等 低空で見づらい
・海:明け方 7.9等 低空で見づらい
・彗:C/2011 L4 パンスターズ
    一晩中 6〜7等/
    4月下旬 カシオペヤ座を横切る/
    22〜23日 カシオペヤ座αに大接近/24日前後 M103に大接近
   C/2012 F6 レモン
    5月以降 明け方の低空 7等
(惑星の等級は4月29日12時(日本時)の値/彗星は期間中の推移)

----------------------------------------------------------------
■より詳しくは、アストロアーツ「星空ガイド」で!
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/


soranimukatte_23 at 13:59|PermalinkComments(0)

2013年04月05日

★星空カレンダー(4月5日〜4月22日)

「アストロアーツ星空アナウンス Vol.239 (2013.04.05) 」からの転載です。
***********************************************************
★星空カレンダー(4月5日〜4月22日、★マークは解説付き)
***********************************************************
4月上旬   パンスターズ彗星が
       夕方の北西の空と明け方の北東の空に見える(★)
4月5日(金)清明(太陽黄経15度)
4月8日(月)明け方、細い月と水星が並ぶ
4月10日(水)●新月

4月中旬   パンスターズ彗星が周極星に(★)
4月14日(日)夕方〜宵、細い月と木星、アルデバランが接近(★)
4月18日(木)上弦
4月20日(土)穀雨(太陽黄経30度)

4月22日(月)4月こと座流星群が極大

----------------------------------------------------------------
●パンスターズ彗星が周極星に 撮影に挑戦してみよう
----------------------------------------------------------------
パンスターズ彗星(C/2011 L4)は今月中旬から、周極星となって一晩
中観察できるようになります。6等級前後と暗い予想ですが、カシオペ
ヤ座付近の天の川や星雲星団と並び、撮影が楽しめそうです。明るさの
最新予想や投稿画像は、特集ページでチェック!

・【特集】パンスターズ彗星(C/2011 L4)
http://www.astroarts.co.jp/special/c2011l4/

画像ギャラリーには500枚以上の投稿をいただいています。アンドロメ
ダ座大銀河M31との2ショットの画像も。

・【投稿画像ギャラリー】パンスターズ彗星
http://www.astroarts.jp/photo-gallery/special/110
・【投稿画像ギャラリー】アンドロメダ座大銀河とパンスターズ彗星
http://www.astroarts.jp/photo-gallery/special/206

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.
撮影には、彗星キャッチャーやコンパクト赤道儀が便利です。

・「彗星キャッチャー」 特価 3,980円
http://shop.astroarts.co.jp/showcase/vixen_comet_catcher/?a239
・「コンパクト赤道儀 nano.tracker」 特価 19,800円
http://shop.astroarts.co.jp/showcase/mount_nanotracker/?a239

----------------------------------------------------------------
●14日の宵、細い月と木星、アルデバランが共演
----------------------------------------------------------------
夜8時ごろ、西の空に見えている明るい天体が木星です。14日にはここ
に月齢4の細い月が接近します。おうし座の赤っぽい1等星アルデバラ
ンとともに3天体が共演し、春の宵空を飾る美しい眺めとなるでしょう。
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2013/201304/0414/

----------------------------------------------------------------
●惑星、おもな彗星
----------------------------------------------------------------
・水:上旬に明け方の低空 −0.1等/8日 細い月と並ぶ
・金:太陽に近く見えない
・火:太陽に近く見えない
・木:宵 −2.0等/アルデバランと接近中/
   14日 細い月、アルデバランと接近
・土:宵〜明け方 0.2等
・天:太陽に近く見えない
・海:明け方 7.9等 低空で見づらい
・彗:C/2011 L4 パンスターズ
    ほぼ一晩中(16日ごろから周極星) 5〜7等/
    上旬 アンドロメダ座大銀河M31と接近(最接近 5日)/
    下旬 カシオペヤ座を横切る
(惑星の等級は4月14日12時(日本時)の値/彗星は期間中の推移)

----------------------------------------------------------------
■より詳しくは、アストロアーツ「星空ガイド」で!
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/


soranimukatte_23 at 15:15|PermalinkComments(0)

2013年03月22日

★星空カレンダー(3月22日〜4月5日)

「アストロアーツ星空アナウンス Vol.238 (2013.03.22) 」からの転載です★
******************************************************
★星空カレンダー(3月22日〜4月5日、★マークは解説付き)
******************************************************
3月下旬   パンスターズ彗星が
       夕方の北西の空と明け方の北東の空に見える(★)
3月24日(日)宵〜翌25日未明、月とレグルスが並ぶ
3月27日(水)○満月
3月28日(木)宵〜翌29日明け方、月とスピカが大接近
3月29日(金)深夜〜翌30日明け方、月と土星が接近(★)

4月上旬   パンスターズ彗星が
       夕方の北西の空と明け方の北東の空に見える(★)
4月1日(月)水星が西方最大離角(★)/
       未明〜明け方、月とアンタレスが並ぶ
4月3日(水)下弦
4月5日(金)清明(太陽黄経15度)

----------------------------------------------------------------
●パンスターズ彗星が明け方の空にも登場、観察チャンスは朝夕2回
----------------------------------------------------------------
パンスターズ彗星(C/2011 L4)は3月終わりごろから4月にかけて、
日の入り後の北西の空と日の出前の北東の空に見えます。だんだん暗く
なっていきますが、観察や撮影をしてみましょう。明るさの最新予想や
投稿画像は、特集ページでチェック!

・【特集】パンスターズ彗星(C/2011 L4)
http://www.astroarts.co.jp/special/c2011l4/
・【投稿画像ギャラリー】パンスターズ彗星(C/2011 L4)
http://www.astroarts.jp/photo-gallery/special/110

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.
パンスターズ彗星の観察には双眼鏡が必要です。

・「ニューフォレスタ HR8×42WP」 特価 29,400円
http://shop.astroarts.co.jp/showcase/bin-newforesta/?a238

彗星キャッチャーやコンパクト赤道儀を使って撮影してみましょう。

・「彗星キャッチャー」 特価 3,980円
http://shop.astroarts.co.jp/showcase/vixen_comet_catcher/?a238
・「コンパクト赤道儀 nano.tracker」 特価 19,800円
http://shop.astroarts.co.jp/showcase/mount_nanotracker/?a238

----------------------------------------------------------------
●1日に水星が西方最大離角、明け方の空で彗星と水星を見つけよう
----------------------------------------------------------------
明け方の東南東の空、低いところに水星が見えています。パンスターズ
「彗星」を観察するために早起きしたら、こちらの「水星」にも目を向
けてみましょう。
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2013/201304/0401b/

----------------------------------------------------------------
●29〜30日に月と土星が接近
----------------------------------------------------------------
深夜0時ごろ、南東の空にクリーム色に輝いて見えているのが土星です。
3月29日の深夜から30日の明け方には、満月過ぎの明るい月と並びます。
スピカやアンタレスなど周りに見える1等星とともに眺めてみましょう。
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/2013/201303/0329/

----------------------------------------------------------------
●惑星、おもな彗星
----------------------------------------------------------------
・水:明け方の低空 0.4等/4月1日 西方最大離角
・金:太陽に近く見えない
・火:太陽に近く見えない
・木:宵 −2.1等/アルデバランと接近中
・土:深夜〜明け方 0.2等/3月29〜30日 月と接近
・天:太陽に近く見えない
・海:太陽に近く見えない
・彗:C/2011 L4パンスターズ
    夕方の北西の低空、明け方の北東の低空 3〜5等/
    4月上旬 アンドロメダ座大銀河M31と接近(最接近 5日)
(惑星の等級は3月29日12時(日本時)の値/彗星は期間中の推移)

----------------------------------------------------------------
■より詳しくは、アストロアーツ「星空ガイド」で!
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/


soranimukatte_23 at 19:56|PermalinkComments(0)

2013年03月20日

【惑星通信 最終回】03月20日号 0°春分 如月の上弦

地球暦の「惑星通信 最終回 03月20日号」の転載です★
太陽系時空間地図 地球暦

惑星通信

西暦 2013年03月20日(水)
旧暦 平成25年 2番目の月 / 如月 上弦

「北半球と南半球に、
 同量の光が当たり、
 陰と陽が、きれいに分かれ、
 昼と夜の、長さが同じ。
 この日、世界中、どこからでも、
 朝の日の出の、御来光は、
 真東から昇ってきて、
 真西へと沈んでいく。
 北と南と、昼と夜が、
 東と西がバランスする、
 かたより釣り合い、反転する、
 力のバランスが変わる。
 暑さ寒さも、お彼岸まで、
 陰でも陽でもない、中道。
 蓮の花の上で見渡す、
 一年のセンターライン。
 年度始まりの、上半期、
 吉日中の吉日 Varnal Equinox、 
 春分は、すべてのはじまり。
 卒業式に、入学式、
 桜咲く頃に感じる、
 えもいわれぬはじまりの感じ。
 肌で感じる、太陽そのもののDNA、
 心で感じる、まほろばの大和、
 今また結び、開く岩戸、
 再び開く、神話の足音。
 一年というまとまり、
 羅針盤、方針かたまり、
 日の出、拝むために、集まり、
 御来光の光、通じて、
 ぼくらが一つになる、祭り。
 太陽黄経0度の開始は、
 3月20日の本日です」

太陽を中心とした各惑星の、日本時間で本日正午の値
水星 220°45 金星 354°32 地球 179°40 火星 10°39 木星 80°38 土星 216°58
天王星 8°23 海王星 332°59 冥王星 279°42

※地球暦では本年度より、算出の値を世界各国タイムゾーンの正午を基点することにいたしました。

───────────────────────────────────

【今日の惑星配置】西暦 2013年03月20日(水)
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130320

───────────────────────────────────

おはようございます。
この度、地球は円盤の180°、太陽黄経で0°、年度の基点に到着いたしました。

Ladies and gentlemen.
Welcome to the “SPACESHIP EARTH”
This is the Heliocentric Earth Ephemeris
「HELIOCOMPASS」 A.D2013 bound for A.D 2014.
We will be stopping at 24 Solar terms,
Before arriving at The “Vernal Equinox” of Ecliptic longitude 0 degree.

ご乗船のみなさまにご案内申し上げます。
この旅は、惑星地球号にご乗船下さいまして、ありがとうございます。
こちらは、太陽系時空間地図 地球暦 平成25年度版、
西暦2013年 3月20日 春分はじまり。
毎度360度、本年365日と1日余り、
左回り、オール順行、未来行きです。
定員人数は71億人を超え、この度、満員御礼で出航いたします。

───────────────────────────────────
太陽黄経0度 春分[しゅんぶん]Vernal equinox
※本日の20時02分です。(国立天文台 暦要項)
───────────────────────────────────

地球暦が二十四節気の一つ「春分」をお知らせします。

「春分」は、太陽黄経0度のはじまりで、仲春の半ばの地点です。

今日から新年度の上半期がスタートします。
今日の太陽のある方向が「春分点方向」で、太陽黄経0度とされ、
一年を円として捉えた時の起点にあたります。(1太陽年)

※1太陽年の平均的な長さは、365日5時間48分45秒です。

西暦では、1月1日の元旦で年が変わりますが、
生活に則した切り替わりは、現在でもこの新年度にあり、
新学期、クラス替え、人事の入れ替え、決算などが行われます。

桜が咲く間近のこの時期になると、はじまりの感覚がするのは
太陽を中心とした時の記憶が私たちのDNAに刻まれているからかも知れません。

一年を一日にたとえた時の、「日の出」の時に当たるこの時期は、
これからはじまる一年の行事や作事などのために、抱負を新たにし、
柱を立てるような過ごし方を心がけるとよいでしょう。

春の真ん中にいる今、一年を見渡して、取り組むべきことを宣言してみましょう。

地球暦に惑星ピンを刺している方は、コマを進め地球の節目を確認して
みましょう(動きがあるのは変化の大きい水星から火星までの4つです)。

……………………………………………………………………………………………
[土御門歳時記(安倍晴明)より]

昼夜(ちゅうや)相当分(そうとうぶん)する 春分を以(も)て
暦元(れきげん)となし 次の春分に至(いた)る一年とするものなり

……………………………………………………………………………………………
[七十二侯]

■ 雀が巣を構え始める
■ 桜の花が咲き始める
■ 遠くで雷の音がし始める

※七十二候は土地ごとに本来作られるものですので慣例を参考にして、
身近な季節の変化を、自分の環境に合わせて、季語で自由に表現してみましょう。

……………………………………………………………………………………………
[春分からの目度]

30° 先 >> 穀雨 2013/04/20
45° 先 >> 立夏 2013/05/05
90° 先 >> 夏至 2013/06/21
120° 先 >> 大暑 2013/07/23
180° 先 >> 秋分 2013/09/23
270° 先 >> 冬至 2013/12/22

90度系の角度は、建設的に組み立てる働きに対し、
60度系の角度は、流動的に転換していく働きを持っています。
270度は、9ヵ月間で妊娠期間に相当し、
時間をかけて着実に形作る力を持っています。

───────────────────────────────────
お彼岸には、ご来光を拝みましょう。
───────────────────────────────────

春分は一年を一日にたとえた時の「日の出」に当たりますが、
毎日の日の出の中でも、この春分(秋分も同様)は真東から太陽が昇るため、
一年の中で最もご利益のあるご来光と言えます。

この起点は太陽信仰の文明にとって一年のはじまりを意味する大切な時で、
太陽の光線が地球の球に対して、まっすぐに差し込み、北半球と南半球に
同量の光が当たり、昼と夜の長さが同じになり、陰と陽を同等に分つ、
バランスのとれたポイントです。

中庸・中道などの精神をもつ仏教でも、彼岸会は最大の仏教行事であり、
神社でも春季皇霊祭という歴代の天皇のまとめて奉祀する重要な忌日と
なっています。

今日は、日本では国民の祝日。
まずはご来光を拝み、今日一日の太陽を身近に意識することを心がけましょう。

───────────────────────────────────
光の通り道 レイライン
───────────────────────────────────

春分(秋分も同様)の太陽は、真東から昇り、真西に沈むため、
地上では東西のラインが強調されます。

ピラミッドや仏閣や社殿などは東西南北を意識して建築されていますが、
中でも真東に参道や鳥居を設けることは、春分のご来光を遥拝し、
天と地と光を通じて一体化させる意味を持ちます。

真東からご来光が昇るこの時は、農耕の文明にとっても農事の起点となり、
五穀豊穣、子孫繁栄の祈願の時です。

自分自身の生活環境の中に春分のエネルギーを取り入れることにより、
日本古来の太陽信仰の記憶がよみがえるような気がします。

今日は特別な場所で過ごすこともよいですし、自分のいる場所で、産土、氏神
などを祭り、地元、自宅など普段の生活環境の中で、特別な日としての過ごし
方を意識してみてはいかがでしょうか。

───────────────────────────────────
あらゆることのはじまりに
───────────────────────────────────

一年の「日の出」と言える春分は、お日柄選びの中では最高の選日の時です。

たとえば、結婚、建物の竣工、会社組織の設立など、人生の土台に関わる
宣言をするのにふさわしく、一年の節目と物事の節目を重ね合わせる事に
よって、毎年、年とともに、はじまりを刻んでいくことになります。

また柱を立てるように、このタイミングで宣言や決意をすることで、これか
らはじまる一年全体に影響を与えられる特別な時でもあります。

───────────────────────────────────
地球暦のお披露目『暦奏(りゃくそう)』
───────────────────────────────────

地球暦の2013年度版のリリースを本日、事任八幡宮にて行います。
申し込み不要の自由参加です。地球暦を取りに来られるだけもOKです。

お話し 杉山開知
日時: 2013年3月20日(水)春分の日 祝日
時間: 10:30 - 16:00
参加費: なし(自由参加)
昼食: 軽食などの出店あり。お弁当の持参など自由。神社前にお蕎麦屋さんもあります。
場所: 事任八幡宮 (遠江一ノ宮)
住所: 静岡県掛川市八坂642 
http://www.geocities.jp/kotonomachihime/

───────────────────────────────────
「チームちきゅうれき」から、「独立個人の一人一人」へ
───────────────────────────────────

2012年に一年間ご協力いただいた「チームちきゅうれき」は解散いたしました。
今後は地球暦を通じて、それぞれ個人が自由に表現しながら、同じ時代を生きている
仲間として、一人一人が自分の世界観を共有していければと思います。
ワークショップもそれぞれ有志が自主的に各地で行っていただければと思います。
サロンやサークル的な集いも、自由に行っていただきたいと思います。

チームちきゅうれきに賛同いただきました118名(惑星)のみなさま、お付き合い
いただきまして、心より感謝しております。ありがとうございましたm(__)m

───────────────────────────────────
新しい時間の贈りもの「太陽系時空間地図 地球暦」お申し込みはこちら
───────────────────────────────────

ただいま、申込者多数のため、発送の方が遅れておりますが、
一部一部丁寧にお届けしております。ご到着まだの方もうしばらくお待ち下さい。
本年度は1万部の贈りものを制作いたしました。数に限りがございますので、
この機会にご縁をいただければ幸いです。

http://heliostera.com/  →「贈りもの」タブをクリック

───────────────────────────────────
フェイスブックファンページ 「地球暦」
───────────────────────────────────
フェイスブックのファンページにて、地球暦の近況を不定期でシェアしており
ます。ご活用のみなさまで興味のある方は、お気軽に「いいね!」をよろしく
お願いします。

───────────────────────────────────
次のご案内はありません。
西暦 0000年00月00日
───────────────────────────────────
太陽(二十四節気)月(朔弦望)惑星(結び開きの会合)に合わせて、毎朝6時に
3年間で687通にわたり、地球暦の惑星通信にてガイダンスさせていただきました。
2010年1月の“火星と地球の結び(最接近)”にはじまり、火星の公転周期の687日
と同じ日数分の配信を続けてきました。「暦の上にも3年」多くの学びをさせてい
ただきました。
つたない文章も多々ありますが、みなさまの温かい気持ちでに継続することがで
きました。講読していただいたみなさまに感謝を申し上げます。
これからもさらなる進化のために一歩一歩前進していきたいと思っております。
今後とも、みなさまのご理解、ご協力よろしくお願いいたします。

長きにわたり、お付き合いいただきまして、ありがとうございましたm(__)m

杉山開知(12868 日目 / 35年と2ヵ月と22日目)

HELIOSTERA http://www.heliostera.com/
Mobile http://www.heliostera.com/mobile/


soranimukatte_23 at 12:26|PermalinkComments(0)

2013年03月19日

【惑星通信】03月19日号 水星と土星の結び

「地球暦 惑星通信 03月19日号」の転載です★
太陽系時空間地図 地球暦

惑星通信

西暦 2013年03月19日(火)
旧暦 平成25年 2番目の月 / 如月 八夜

「春盛りの如月の月、年度はじまり上半期、真東から昇る春分の御来光」

太陽を中心とした各惑星の本日9時の値
水星 217°19 金星 352°44 地球 178°33 火星 9°58 木星 80°32 土星 216°55
天王星 8°22 海王星 332°59 冥王星 279°44


───────────────────────────────────

【今日の惑星配置】西暦 2013年03月19日(火)
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130319

───────────────────────────────────

おはようございます。
この度、地球は円盤の178°、太陽黄経で358°を運行中です。
本日は「春」の44日目、新年度のはじまりの、「春分」まであと1日となりました。

───────────────────────────────────
Conjunction of Mercury & Saturn【88.70日周期】
今日は、“水星と土星の結び” の日です。
次の“開き”は 2013年05月10日 です。
───────────────────────────────────

地球暦が、惑星会合の一つ、“水星と土星の結び”をお知らせします。

今日は,、第1軌道の水星と第6軌道の土星が、ちょうど217°の方向で“結び”となりました。

88日=3ヵ月ごと会合する、水星と土星の会合周期は、地球にとって約90度の期間で、
組み立てていく働きを持った建設的な周期です。

36通りの会合の中で“3ヵ月”は最速最短で、太陽系の中で最も乗りやすく、
掴みやすいサイクルです。

約30年周期の土星は、どっしりと不動のように見えますが、1ヶ月で1度ほど
円盤上をゆっくりと動いています。

3ヶ月サイクルでめぐってくる水星との会合は、前回の位置から3°ほどの変化があります。

今日は、具体的にどのような仕組みが動いているのかをはっきりとさせて、
“時間=いつ”、“空間=どこで”、“エネルギー=どれくらい”という時空間を把握することを
心がけるといいでしょう。

全体の大きなバランスと秩序の中で、細かい物事を見ていきましょう。

───────────────────────────────────
Planetary Alignment No.4  Mercury & Saturn[88.70days cycle]
───────────────────────────────────

2012年12月20日 水星と土星の結び 
2013年02月10日 水星と土星の開き 前回

2013年03月19日 水星と土星の結び 今回
2013年05月10日 水星と土星の開き 次回

2013年06月16日 水星と土星の結び
2013年08月06日 水星と土星の開き

2013年09月13日 水星と土星の結び
2013年11月02日 水星と土星の開き

2013年12月10日 水星と土星の結び
2014年01月30日 水星と土星の開き

2014年03月09日 水星と土星の結び
2014年04月28日 水星と土星の開き

2014年06月06日 水星と土星の結び
2014年07月26日 水星と土星の開き

2014年09月03日 水星と土星の結び
2014年10月22日 水星と土星の開き

───────────────────────────────────

新しい時間の贈り物、はじまりました!

───────────────────────────────────

本年度版をご予約いただきましたみなさま、長らくお待たせいたしました。

ご予約いただいた方々に順番にお届けしてまいりますが、
手作業で一部一部丁寧に発送作業しておりますので、
お時間をいただきますことあらかじめご了承ください。

また今後とも継続して制作していけるよう、ご寄付にご協力いただければ幸いです。

※地球暦のご予約はHPにて受け付けております。

───────────────────────────────────

惑星通信の配信サービスの終了のお知らせ

───────────────────────────────────

この度、2013年3月20日(春分)を機会に、惑星通信およびmy惑星通信の
サービスを終了させていただくことになりました。

毎日楽しみに待っていただいていた方、これまで長きにわたり
ご縁をいただいた方には申し訳ありませんが、今後の発展のために
情報を進化させたいと思いますので、ご理解の程よろしくお願いします。

───────────────────────────────────
次のご案内は、明日です。
西暦 2013年03月20日(水) 0°春分 如月の上弦
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130320
───────────────────────────────────

HELIOSTERA http://www.heliostera.com/
Mobile http://www.heliostera.com/mobile/


soranimukatte_23 at 10:18|PermalinkComments(0)

2013年03月16日

【惑星通信】03月16日号 火星と天王星の結び

「地球暦 惑星通信 03月16日号」の転載です★
太陽系時空間地図 地球暦

惑星通信

西暦 2013年03月16日(土)
旧暦 平成25年 2番目の月 / 如月 五夜

「春盛りの如月の月、年度はじまり上半期、真東から昇る春分の御来光」

太陽を中心とした各惑星の本日9時の値
水星 207°48 金星 347°58 地球 175°33 火星 8°07 木星 80°17 土星 216°50
天王星 8°20 海王星 332°58 冥王星 279°43


───────────────────────────────────

【今日の惑星配置】西暦 2013年03月16日(土)
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130316

───────────────────────────────────

おはようございます。
この度、地球は円盤の175°、太陽黄経で355°を運行中です。
本日は「春」の41日目、新年度のはじまりの、「春分」まであと4日となりました。

───────────────────────────────────
Conjunction of Mars & Uranus【702.7日周期】
今日は、“火星と天王星の結び” の日です。
次の“開き”は 2014年03月25日 です。
───────────────────────────────────

地球暦が惑星会合の一つ、“火星と天王星の結び” をお知らせします。

今日は第4軌道の火星と、第7軌道の天王星が、目出度く8度の方向で
“結び”になりました。

平均で約703日(1.9年)ごと結んでいく火星と天王星の会合は、
2年毎に1ヶ月ずつ前倒しになってやってきます。

天王星の84年の一周の間に、火星は約44回会合しています。

人生という道のり(天王星)に、経験(火星)が刻み込まれていくようです。

───────────────────────────────────
Planetary Alignment No.23 Mars & Uranus[702.7days cycle]
───────────────────────────────────

2011年04月17日 火星と天王星の結び
2012年04月21日 火星と天王星の開き 前回

2013年03月16日 火星と天王星の結び 今回
2014年03月25日 火星と天王星の開き 次回

2015年02月13日 火星と天王星の結び
2016年02月27日 火星と天王星の開き

2017年01月13日 火星と天王星の結び
2018年01月30日 火星と天王星の開き

2018年12月14日 火星と天王星の結び
2020年01月03日 火星と天王星の開き

2020年11月13日 火星と天王星の結び
2021年12月06日 火星と天王星の開き

───────────────────────────────────

新しい時間の贈り物、はじまりました!

───────────────────────────────────

本年度版をご予約いただきましたみなさま、長らくお待たせいたしました。

ご予約いただいた方々に順番にお届けしてまいりますが、
手作業で一部一部丁寧に発送作業しておりますので、
お時間をいただきますことあらかじめご了承ください。

また今後とも継続して制作していけるよう、ご寄付にご協力いただければ幸いです。

※地球暦のご予約はHPにて受け付けております。

───────────────────────────────────
次のご案内は、3日後です。
西暦 2013年03月19日(火) 水星と土星の結び
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130319
───────────────────────────────────

HELIOSTERA http://www.heliostera.com/
Mobile http://www.heliostera.com/mobile/


soranimukatte_23 at 06:41|PermalinkComments(0)

2013年03月12日

【惑星通信】03月12日号 如月の新月

「地球暦 惑星通信 03月12日号」の転載です★
太陽系時空間地図 地球暦

惑星通信

西暦 2013年03月12日(火)
旧暦 平成25年 2番目の月 / 如月 朔日

「春盛りの如月の月、年度はじまり上半期、真東から昇る春分の御来光」

太陽を中心とした各惑星の本日9時の値
水星 194°06 金星 341°38 地球 171°34 火星 5°38 木星 79°56 土星 216°42
天王星 8°18 海王星 332°56 冥王星 279°42


───────────────────────────────────

【今日の惑星配置】西暦 2013年03月12日(火)
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130312

───────────────────────────────────

おはようございます。
この度、地球は円盤の171°、太陽黄経で351°を運行中です。
本日は「春」の37日目、新年度のはじまりの、「春分」まであと8日となりました。

───────────────────────────────────
【旧二月 / 仲春】 2nd New Moon / Around Vernal Equinox
今日は、如月(きさらぎ)の「新月」です。本日の4時51分です
月との距離 : 36万4149km(平均38万4400km)
───────────────────────────────────

今日は二番目の月、如月の「新月」です。

月の運行を基準にした太陰暦では、今日から二月がはじまります。

今月は29日間で、次の新月は4月10日になります。

新月の日は、太陽と月が同時にのぼる日で、一ヵ月という“新しい月”がはじまる時です。

あらためて新月に決意や宣言などすることによって、満月に向かって現実化していく
働きが強くなります。

新月は太陽-月-地球が直線的に並び、最も潮汐力が強く、朝と夕方に潮が満ちて、
昼と深夜に引いています。

波の起伏が激しい新月の時は物事のリセットや浄化に最適な時です。

春本番、仲春のこの一ヵ月はどんな印象になるでしょうか。

───────────────────────────────────

二番目の月、如月(きさらぎ)の和風月名

───────────────────────────────────

令月(れいげつ)・麗月(れいげつ)・殷春(いんしゅん)・醋春(さくしゅん)
・仲陽(ちゅうよう)・梅見月(うめみづき)・四陽(しよう)

【ここがポイント】

☆仲春は、一年を一日にたとえた時の朝方、日の出にあたります。
☆今月は「年度末」「年度はじまり」の区切りを意識しましょう。
☆今月から下半期から上半期に移っていき、陽の気が発達していきます。


───────────────────────────────────

新しい時間の贈り物、はじまりました!

───────────────────────────────────

本年度版をご予約いただきましたみなさま、長らくお待たせいたしました。

ご予約いただいた方々に順番にお届けしてまいりますが、
手作業で一部一部丁寧に発送作業しておりますので、
お時間をいただきますことあらかじめご了承ください。

また今後とも継続して制作していけるよう、ご寄付にご協力いただければ幸いです。

※地球暦のご予約はHPにて受け付けております。

───────────────────────────────────
次のご案内は、4日後です。
西暦 2013年03月16日(土)
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130316
───────────────────────────────────

HELIOSTERA http://www.heliostera.com/
Mobile http://www.heliostera.com/mobile/


soranimukatte_23 at 14:59|PermalinkComments(0)

2013年03月10日

【惑星通信】03月10日号 水星と天王星の開き

「地球暦 惑星通信 03月10日号」の転載です★
太陽系時空間地図 地球暦

惑星通信

西暦 2013年03月10日(日)
旧暦 平成25年 1番目の月 / 睦月 廿九夜

「雨水より春の兆しあきらかに、海王星と金星と開く、地球号」

太陽を中心とした各惑星の本日9時の値
水星 186°42 金星 338°27 地球 169°34 火星 4°23 木星 79°45 土星 216°38
天王星 8°17 海王星 332°56 冥王星 279°41


───────────────────────────────────

【今日の惑星配置】西暦 2013年03月10日(日)
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130310

───────────────────────────────────

おはようございます。
この度、地球は円盤の169°、太陽黄経で349°を運行中です。
本日は「春」の35日目、新年度のはじまりの、「春分」まであと10日となりました。

───────────────────────────────────
Opposition of Mercury & Uranus【88.22日周期】
今日は、“水星と天王星の開き” の日です。
次の“結び”は、2013年05月04日です。
───────────────────────────────────

地球暦が惑星会合の一つ、“水星と天王星の開き” をお知らせします。

今日は、第1軌道の水星と、第7軌道の天王星が、186度と8度の双方向で
太陽を挟んで“開き”となりました。

88日=3ヵ月ごと会合する、水星と天王星の会合の周期は、
地球にとって約90度の期間で、組み立てていく働きを持った建設的な周期です。

36通りの会合の中で“3ヵ月”は最短の周期で、水星に乗る感覚で、
惑星の周期をつかむことができる体感しやすいサイクルです。

3ヵ月=四半期は予定の目安であり、90度=四角形は物事を形にします。
私たちの体内では1ヵ月で肌、2ヵ月で筋肉、3ヵ月で骨の細胞が代謝しています。
再び水星がめぐる時には、身体的にも生まれ変わり、環境も新しくなっています。

天王星の1周は84年で、ほぼ人生の長さです。
一生かけて1周していく天王星に対して、水星は1年に4回会合しますので、
年齢の数の4倍ほど周回していることになります。

月を追いかけながら、まずは3ヵ月で一巡りしていく水星を感じてみましょう。

───────────────────────────────────
Planetary Alignment No.3  Mercury & Uranus[88.22days cycle]
───────────────────────────────────

2013年02月05日 水星と天王星の結び 前回
2013年03月10日 水星と天王星の開き 今回

2013年05月04日 水星と天王星の結び 次回
2013年06月07日 水星と天王星の開き

2013年07月31日 水星と天王星の結び
2013年09月03日 水星と天王星の開き

2013年10月27日 水星と天王星の結び
2013年11月30日 水星と天王星の開き

2014年01月24日 水星と天王星の結び
2014年02月26日 水星と天王星の開き

2014年04月22日 水星と天王星の結び
2014年05月25日 水星と天王星の開き

2014年07月19日 水星と天王星の結び
2014年08月22日 水星と天王星の開き

2014年10月15日 水星と天王星の結び
2014年11月18日 水星と天王星の開き

───────────────────────────────────

新しい時間の贈り物、はじまりました!

───────────────────────────────────

本年度版をご予約いただきましたみなさま、長らくお待たせいたしました。

ご予約いただいた方々に順番にお届けしてまいりますが、
手作業で一部一部丁寧に発送作業しておりますので、
お時間をいただきますことあらかじめご了承ください。

また今後とも継続して制作していけるよう、ご寄付にご協力いただければ幸いです。

※地球暦のご予約はHPにて受け付けております。

───────────────────────────────────
次のご案内は、明後日です。
西暦 2013年03月12日(火) 如月の新月
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130312
───────────────────────────────────

HELIOSTERA http://www.heliostera.com/
Mobile http://www.heliostera.com/mobile/


soranimukatte_23 at 11:09|PermalinkComments(0)

2013年03月09日

【惑星通信】03月09日号 水星と火星の開き

「地球暦 惑星通信 03月09日号」の転載です★
太陽系時空間地図 地球暦

惑星通信

西暦 2013年03月09日(土)
旧暦 平成25年 1番目の月 / 睦月 廿八夜

「雨水より春の兆しあきらかに、海王星と金星と開く、地球号」

太陽を中心とした各惑星の本日9時の値
水星 182°50 金星 336°52 地球 168°34 火星 3°46 木星 79°40 土星 216°36
天王星 8°16 海王星 332°55 冥王星 279°41

───────────────────────────────────

【今日の惑星配置】西暦 2013年03月09日(土)
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130309

───────────────────────────────────

おはようございます。
この度、地球は円盤の168°、太陽黄経で348°を運行中です。
本日は「春」の34日目、新年度のはじまりの、「春分」まであと11日となりました。

───────────────────────────────────
Opposition of Mercury & Mars【100.9日周期】
今日は、“水星と火星の開き” の日です。
次の“結び”は 2013年05月10日です。
───────────────────────────────────

地球暦が、惑星会合の一つ、“水星と火星の開き”をお知らせします。

今日は第1軌道の水星と、第4軌道の火星が、182°と3°の双方向で
互いに太陽を挟んで“開き”となりました。

火星にとって、内側で水星が一周廻る101日ごとのこの会合は、
お百度参りと同じ期間で、行いを整え、願を掛け、思いを成就させるサイクルです。

野菜の種も100日すれば、種から花が咲き、実をつけることができます。
生後100日では食べ物を口にする祝いの“お食い初め”をし、
死後100日では、悲しみから卒業する“百か日”の法要をします。

火星の一周(687日)の中で、水星と会合するのは7回。
7回セットで、火星軌道を7角形に分割しているような周期を持っています。

───────────────────────────────────
Planetary Alignment No.6 Mercury & Mars[100.9days cycle]
───────────────────────────────────

2013年01月30日 水星と火星の結び 前回
2013年03月09日 水星と火星の開き 今回

2013年05月10日 水星と火星の結び 次回
2013年06月25日 水星と火星の開き

2013年08月14日 水星と火星の結び
2013年10月09日 水星と火星の開き

2013年11月18日 水星と火星の結び
2014年01月17日 水星と火星の開き

2014年02月23日 水星と火星の結び
2014年04月24日 水星と火星の開き

2014年06月05日 水星と火星の結び
2014年07月29日 水星と火星の開き

2014年09月22日 水星と火星の結び
2014年11月04日 水星と火星の開き

───────────────────────────────────

新しい時間の贈り物、はじまりました!

───────────────────────────────────

本年度版をご予約いただきましたみなさま、長らくお待たせいたしました。

ご予約いただいた方々に順番にお届けしてまいりますが、
手作業で一部一部丁寧に発送作業しておりますので、
お時間をいただきますことあらかじめご了承ください。

また今後とも継続して制作していけるよう、ご寄付にご協力いただければ幸いです。

※地球暦のご予約はHPにて受け付けております。

───────────────────────────────────
次のご案内は、明日です。
西暦 2013年03月10日(日) 水星と天王星の開き
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130310
───────────────────────────────────

HELIOSTERA http://www.heliostera.com/
Mobile http://www.heliostera.com/mobile/


soranimukatte_23 at 08:13|PermalinkComments(0)

2013年03月06日

【惑星通信】03月06日号 金星と海王星の結び

「地球暦 惑星通信 03月06日号」の転載です★
太陽系時空間地図 地球暦

惑星通信

西暦 2013年03月06日(水)
旧暦 平成25年 1番目の月 / 睦月 廿五夜

「雨水より春の兆しあきらかに、海王星と金星と開く、地球号」

太陽を中心とした各惑星の本日9時の値
水星 170°32 金星 332°07 地球 165°34 火星 1°54 木星 79°25 土星 216°31
天王星 8°14 海王星 332°54 冥王星 279°40


───────────────────────────────────

【今日の惑星配置】西暦 2013年03月06日(水)
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130306

───────────────────────────────────

おはようございます。
この度、地球は円盤の165°、太陽黄経で345°を運行中です。
本日は「春」の31日目、新年度のはじまりの、「春分」まであと14日となりました。

───────────────────────────────────
Conjunction of Venus & Neptune【225.5日周期】
今日は、“金星と海王星の結び” の日です。
次の“開き”は 2013年06月27日 です。
───────────────────────────────────

今日は第2軌道の金星と、第8軌道の海王星が、目出度く332度の方向で“結び”となりました。

165年周期の海王星の内側で、224.7日周期の金星が巡り会う会合は、平均225.5日ごと。

金星が1周すると1日分じわっと動く海王星は、コツコツと内側から金星に動かされているようです。

海王星が165年で動く間に、内側で金星は267回会合しています。

海王星にとっての金星は、おじいさん、おばあさんが、
公園で遊んでいる子供をベンチに座ってやさしく見守っているようなものです。

また、金星にとっての海王星は、豊かな人生経験と高い精神性に触れ、心が安らぐ存在です。

金星は、体の内側で感じている心地よさや、楽しみや喜びなど、情感で受け取っている部分。

海王星は、生きていく上で自然と身に付いていく、思想や哲学、考え方、願望や理想など、
潜在意識に眠っている夢見の感覚と共振しています。

───────────────────────────────────
Planetary Alignment No.10 Venus & Neptune[225.5days cycle]
───────────────────────────────────

2012年07月24日 金星と海王星の結び
2012年11月13日 金星と海王星の開き 前回

2013年03月06日 金星と海王星の結び 今回
2013年06月27日 金星と海王星の開き 次回

2013年10月18日 金星と海王星の結び
2014年02月07日 金星と海王星の開き

2014年05月31日 金星と海王星の結び
2014年09月21日 金星と海王星の開き

2015年01月12日 金星と海王星の結び
2015年05月04日 金星と海王星の開き

2015年08月26日 金星と海王星の結び
2015年12月16日 金星と海王星の開き

───────────────────────────────────

新しい時間の贈り物、はじまりました!

───────────────────────────────────

本年度版をご予約いただきましたみなさま、長らくお待たせいたしました。

ご予約いただいた方々に順番にお届けしてまいりますが、
手作業で一部一部丁寧に発送作業しておりますので、
お時間をいただきますことあらかじめご了承ください。

また今後とも継続して制作していけるよう、ご寄付にご協力いただければ幸いです。

※地球暦のご予約はHPにて受け付けております。

───────────────────────────────────
次のご案内は、3日後です。
西暦 2013年03月09日(土) 水星と火星の開き
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130309
───────────────────────────────────

HELIOSTERA http://www.heliostera.com/
Mobile http://www.heliostera.com/mobile/


soranimukatte_23 at 11:21|PermalinkComments(0)

2013年03月05日

【惑星通信】03月05日号 345°啓蟄 睦月の下弦

「地球暦 惑星通信 03月05日号」の転載です☆
太陽系時空間地図 地球暦

惑星通信

西暦 2013年03月05日(火)
旧暦 平成25年 1番目の月 / 睦月 廿四夜

「雨水より春の兆しあきらかに、海王星と金星と開く、地球号」

太陽を中心とした各惑星の本日9時の値
水星 166°10 金星 330°32 地球 164°34 火星 1°16 木星 79°19 土星 216°29
天王星 8°13 海王星 332°54 冥王星 279°39


───────────────────────────────────

【今日の惑星配置】西暦 2013年03月05日(火)
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130305

───────────────────────────────────

おはようございます。
この度、地球は円盤の164°、太陽黄経で344°を運行中です。
本日は「春」の30日目、新年度のはじまりの、「春分」まであと15日となりました。

───────────────────────────────────
啓蟄[けいちつ]Awakening of insects
地心黄経345度 (日心黄経165度) 本日の 19時15分です。
───────────────────────────────────

地球暦が二十四節気の一つ「啓蟄」をお知らせします。

「啓蟄」は、春分から345度経過した仲春のはじまりの地点です。

いよいよ新年度が近づき年度末となりました。

3月20日の春分は一年を一日にたとえた時の「日の出」に当たります。
その15度前の「啓蟄」は日が昇る直前であり、徐々に気温と地温が上がり始めて、
動植物の動きも活発になっていきます。

啓蟄の意味は土の中にいる虫達が、地上に出てくるという意味で、
今まで内側にこもっていた陰の気が、日の当たる陽の気へと変わっていく時です。

冬の間に溜めていた気を、今日は表に発散し解放することを心がけて、着るもの、
食べるもの、部屋の模様替えなど衣食住に春の息吹を取り込んでみましょう。

地球暦に惑星ピンを挿している方は、コマを進め地球の節目を確認してみましょう。
(動きがあるのは変化の大きい水星から火星までの4つです)

……………………………………………………………………………………………

[土御門歳時記より]

艶陽(えんよう)の気(き)に誘(さそ)はれて
蟄虫(ちっちゅう)地上(ちじょう)に出(い)ずるなり

……………………………………………………………………………………………

[七十二侯]

■ 冬蘢りの虫が出て来る
■ 桃の花が咲き始める
■ 青虫が羽化して紋白蝶になる

※七十二候は土地ごとに本来作られるものですので慣例を参考にして、
身近な季節の変化を、自分の環境に合わせて、季語で自由に表現してみましょう。

……………………………………………………………………………………………

[啓蟄からの目度]

30° 先  >>>>  清明 2013/04/05
45° 先  >>>>  穀雨 2013/04/20
90° 先  >>>>  芒種 2013/06/05
120° 先  >>>>  小暑 2013/07/07
180° 先  >>>>  白露 2013/09/07
270° 先  >>>>  小雪 2013/11/22

90度系の角度は、建設的に組み立てる働きに対し、
60度系の角度は、流動的に転換していく働きを持っています。
270度は、9ヵ月間で妊娠期間に相当し、時間をかけて着実に形作る力を持っています。

───────────────────────────────────
【旧一月 / 初春】1st Last Quarter Moon / The Expectant Spring
今日は、睦月(むつき)の「下弦」です。本日の6時53分です。
月との距離 : 37万0192km(平均38万4400km)
───────────────────────────────────

睦月の月が欠けてきましたね。初春も終わりに近づいてきました。

真夜中に上ってくる下弦の月は、満月で開花した流れが成熟し、
再び新月へと結実していく過程にあたります。

下弦の日は、物事の見直しや条件の再設定など、過去を振り返って、
整理整頓するのに最適な時です。

今回の下弦では、満月の2月26日頃を振り返りながら、次の新月の3月12日へ向かっていく
イメージで一ヵ月の後半を捉えてみましょう。

───────────────────────────────────

新しい時間の贈り物、はじまりました!

───────────────────────────────────

本年度版をご予約いただきましたみなさま、長らくお待たせいたしました。

ご予約いただいた方々に順番にお届けしてまいりますが、
手作業で一部一部丁寧に発送作業しておりますので、
お時間をいただきますことあらかじめご了承ください。

また今後とも継続して制作していけるよう、ご寄付にご協力いただければ幸いです。

※地球暦のご予約はHPにて受け付けております。

───────────────────────────────────
次のご案内は、明日です。
西暦 2013年03月06日(水) 金星と海王星の結び
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130306
───────────────────────────────────

HELIOSTERA http://www.heliostera.com/
Mobile http://www.heliostera.com/mobile/


soranimukatte_23 at 11:54|PermalinkComments(0)