雑記

2013年01月15日

夢のバージョン

昨夜は、私にしてはめずらしく
一時間か二時間おきに何度も目が覚めました。

その目が覚めている時に、
今まで夢で見たことのある場所が次々と頭に浮かんできました。
本当に、次から次へと。

現実に存在する場所だけど現実とは明らかに違う場所で
でも夢では何度も見たこともあるところとか、
夢でしか見ないけど夢では良く知ってる場所とか、
こんなにたくさんあったっけ?とびっくりするくらい
次々と思い浮かんできました。

高いビルやショッピングセンターがある都会的なところもあれば、
郊外のような広い道路と住宅地が広がってるようなところや、
ごみごみとした場末な雰囲気漂う駅のまわり
(ここは実際にある駅だけど、現実とは様子が全然違う)や、
周りに何もない人里離れた雰囲気の駅のホームがあるところなど。

なんだかよくわからないけど、
とにかく次から次へと場面が浮かんできました。
いっぺんに思い出してみると
こんなにいっぱいあったのかと思うくらいたくさん。

ほとんどが、どこかにありそうなところだけど
たぶん現実には行った覚えがないところです。

でも、それぞれ思い出してみると、
夢では歩いたり買い物したり電車に乗ったりしてるので
「ああ、あそこね」とわかるのです。

住んでいるところもいくつかあるので、
夢の主人公の自分は違うバージョンで何人かいるのかな。
あまり考えたことがなかったけど。

それにしても、
なんで急にそんなこと思い出したのか。


あと、夢の話とは関係ないけど、
昨日は普通に起きている時間に
今までに経験したことがない耳鳴りのような
電話のベルのような一定のリズムのある電子音のような音がして、
それが、身体の動かし方(ポーズ?)によって
聞こえたり聞こえなくなったりするという不思議なことがありました。

ちょっと面白かったので、
今度あったら、また色々試してみるつもりなのですが。

soranimukatte_23 at 11:52|PermalinkComments(0)

2012年09月11日

ゲームオーバー

2001年9月11日。
あの日のあの時間は、自宅のテレビでドラマを見てた。
そんなに面白くもないと思いながら、
せっかくの最終回だから見ておこうかと。

最後の5分程というところで突然画面が切り替わり、
結局ドラマの結末は謎のまま。

テレビの画面に映し出されていたのは、
飛行機が高いビルに突っ込んだ煙が上がってる映像。

でも、見ながらすごく違和感を感じたのは、
その衝撃映像を繰り返し流すという
テレビがお得意のお決まりパターンではなかったこと。

ほらほら、こんなにすごいことが起こったんですよと
いつもなら、しつこいほど同じ映像流すはずなのに。

何かおかしい。
だったら、早く画面を元に切り替えてよと思ってたら、
ライブ映像で、2本のビルのもう片方にも飛行機が突っ込んだ。

まさか、これを待ってたの?
と確かにあの時思ったはずだけど、よくわからないまま過ぎて、
綿密に計画されていた壮大なインチキだったことは、
何年か経ってから知ることになった。

演出しすぎ、やり過ぎなことと、
不自然に無視することと、
この2つが典型的なパターンだと思う。

2007年の長崎の伊藤一長市長が銃撃された事件は、
本当に卑劣で、演出しすぎた不自然さを感じた。

現場からの生中継も早かったし、
人を射殺するような「犯人」が
あらかじめテレビ番組(報ステ)に資料を送ってたり、
NHKにいたっては、事件の数分後に、
「犯人」が役所へ申請した書類のコピーをアナウンサーが持ってた。
(いくらなんでも、それはないよ…)
「911と同じだ」と思った。

(長崎では1990年にも当時の本島市長が銃撃されていて
この時は未遂で終わっています。)

不自然に無視される例で身近なのは、
毎日チェックしていればわかる地震のデータ。

国内でマグネチュード4とか5のクラスなのに、
気象庁やヤフーの地震情報のリストに載らない地震はたくさんある。

あとは、「あまり触れてほしくない」人の死。

橋本元首相が亡くなった時は、
速報でちょっと流しただけで、その後話題にもならなかった。

そんなインチキで非道な手口がまかり通ってきたのは、
一握りのトップに情報を独占されて、
99%の奴隷市民はメディアコントロールで洗脳されていたから。

それが、米国では911事件、
日本では311の大震災&原発事故がきっかけとなって、
いまではすっかりインチキがバレています。

この段階で、いくらネット規制やら何やらしたところで、
もう手遅れなのは、自分たちもわかってるはず。

もうすぐゲームオーバー、だと思う。

soranimukatte_23 at 15:03|PermalinkComments(0)

2012年09月10日

時限爆弾?

今日も空気が悪く感じます。
窓をあけて写真を撮る気になれない。

きのう夜中の3時頃に、
ピーという耳を通り過ぎて行きました。
聴音検査で聞くような高音で弱い音。

同時に、右手の肘から先に
ちょっとしびれが走るような感覚がありました。
かすかに痛くて痙攣するような感じ。

頚肩腕症候群で痛みがひどかった時に、
首から腕にかけて鍼を打って
電気を流すという治療を受けたことがありますが
(私には刺激が強すぎて一回でやめました)、
それを思い出しました。

電磁波なのか何なのか、よくわかりませんが、
一応、メモ代わりに記録しておきます。


以下は、また、たわいない独り言です。

きのう、ネットの生配信に杉田かおるさんが出てるのを見て、
すごく感じが変わっていてびっくりしました。
(私は2、3年ぶりにみたのですが、テレビには出てるのかな?)

穏やかでスッキリと清々しい雰囲気。
自然農法に興味があると言ってたので、
自然と接したり食べ物変えたりして変わったのでしょうか。
それとも東京脱出したのかな?(途中から見たので、よくわからない)

私は彼女とは同世代なのですが、
学校では上下の学年と比べても問題が多く、
「この学年は全国的に悪い」と小学校から言われてました。
(そんなこと学校や先生が言うか?って感じですが)

もしかしたら「時限爆弾」として投下された世代だったのかな?
などと最近思ったりするのですが…。
これまでの世界をぶち壊すという意味で。

だとしたら、不発弾で終わってる場合じゃない!
しっかり爆発して壊すものは壊さないと(^^;
火には浄化する力もあるし。

いまの30代より下の世代は、
あきらかに洗練されて進化した人類(私たちとは違う)に思えるので、
がんばって良いカタチで彼らに受け渡したいものです。

soranimukatte_23 at 14:42|PermalinkComments(2)

2012年07月20日

きょうも「111」


記事に書くほどのことでもないと思ったのですが、
一応、報告ということで。

1つは、
今日の未明、午前1時11分。
福島県沖が震源の地震。
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/20120720011100.html

もう1つ何かのニュースで見たんだけど、
「11年11月」というのがあった記事、
それがどうしても思い出せない。

午前中だったかなと
今朝のツイートを確認してみたりしたけど
わからなかった…。

なのですが、その時に(さっき。今もですが。)
ふと自分の総ツイート数を見たら「15111」(!)

(「11111」の時は気づかなかった…)

結局、
きょうは3つ見てしまいました(^^;

何日目?
同じ数字をこんなに時間かけて、連続して見せられるのは
初めてのような気がする。
不思議。

開会式に時間かかってるとか?
ながーいスピーチしてる人がいるとか?(笑)

soranimukatte_23 at 23:53|PermalinkComments(0)

2012年04月16日

日本沈没


小松左京さんの『日本沈没』(小学館文庫、上下巻)
を読みました。

オリジナルが出版されたのが1973年で
映画もその年に製作されてます。

映画は見た覚えがあります。
劇場ではなくてテレビで見たのかな?
小学生の時だったと思いますが、
完全にフィクションだと思って見てたと思う。
あんな恐ろしいことが本当に起こるわけないって。

それが、30年以上経った今こうして読んでみると、
まるで現在を予言しているかのような内容に驚きます。

地盤沈下とか、太陽活動のマントルへの影響とか、
いま現在進行形で起こってることと完全にリンクして
あまりにリアルで怖いくらいです。

もうひとつ、物語の軸は政府の対応。
あの時代の政府の方が100倍マシだったようです…。
世相というのか時代の雰囲気も全然違う。
日本は時間をかけて窮屈な監視社会になってしまった。

それにしても、
いま地球で起こってることって本当に
書かかれているシナリオ通りに思えるんだけど…。


世界の地震マップ
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/map/
火山の噴火情報
http://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/volcano/
最新の地殻変動情報
http://mekira.gsi.go.jp/project/f3/ja/index.html



soranimukatte_23 at 20:05|PermalinkComments(0)

2012年03月10日

逆さピラミッド


夕方、用事を済ませに少し外に出たら、
朝よりも冷たい空気でした。
太陽が活発になると寒くなるの?


きょうは、夢の中で空の写真を撮っていました。

それが何なのかはわからないのですが、
ピラミッドが逆さまになった形で七色に光る半透明のものでした。

私の他にも見上げている人が何人もいたけれど、
みんな、別に不思議そうにでもなく、普通に見ていました。私も。


下の写真は前にこの部屋から撮ったものですが、
夢でみたのも、こんな感じで空に浮かんでいて
形はもっとはっきりとシャープなピラミッド型で
実体(何だかわからないけど)がはっきり感じられました。

(2009年10月1日の夕空)
091001_0047



soranimukatte_23 at 22:14|PermalinkComments(0)

2011年12月21日

「111」

(生まれ年の西暦下二桁)+(年齢)= 111

これは誰にも当てはまる今年に限って成立する計算式。
(ただし、2000年以降生まれは、11になる。)

誰にとっても「新たなスタートの年」だった
ということなのでしょうか。

そんな2011年も、もうすぐ終わり。

思い起こせば、私にとっての「111」は、
すこしフライングして昨年11月11日でした。

2日前に入院した父が、
前の晩から投薬も検査も拒否していると連絡があり、
本人の強い希望で、自宅に帰ることになり、
私も母と一緒に父の介護をするために
その日から、急遽、実家に泊まり込むことになりました。

実家といっても、引っ越した新しい家なので
私にとっては慣れない環境の中での新しい日々の始まり。

不思議なことに、
あの日は何かに祝福されているかのように、
当日のブログのアクセス数(ページビュー)1111
アクセスランキング 1111位(テーマ別11位)
と、笑っちゃうほど一が並んだ日でもありました。

おまけに、これも不思議な話なのですが、
調理中にキッチンタイマーをさがしてたら
液晶に「1111」と表示されていて
あれには本当にびっくりした…。

あれから、一年と少し。
個人的にもいろいろなことがありましたが、
日本も世界もすっかり変わってしまいました。

個人レベル、国レベル、地球人類レベル・・・
それぞれが新たなスタートの年にできたのか、
結果がわかるのはいつでしょうか。



(追記)
2010.11.11 アクセス数
IMAG0045-1

2010.11.11 アクセスランキング
IMAG0044-1


ケータイで記念に証拠写真撮ってあったので、せっかくなので貼っときます。

PCの液晶画面をケータイで撮った写真。
を、新しいケータイで撮った写真(^^;



soranimukatte_23 at 15:13|PermalinkComments(2)

2011年10月30日

映画『アジャストメント』



映画『アジャストメント』(2011) の予告編です。

iTunes Store でたまたま見つけて
レンタルでダウンロードして観たのですが、
なかなか良かった。深い。

マット・デイモンが演じる主人公が
「運命操作局」なる人々に翻弄されながらも
自らの意思を貫いて彼らに対抗していくという話。

運命か自由意志か、という永遠のテーマが
意外な描かれ方で表現されています。

何気ない台詞のいくつかに、
真理をかいま見たような気がしました。



soranimukatte_23 at 13:54|PermalinkComments(0)

2011年09月12日

なにかのお知らせ?

昨夜、枕元から2,3メートルのあたりで
何やら物音がするので電気を点けてみると・・・

草色のバッタさんでした。
1109110016


そして、今夜もまた。

電気を消して、さて寝ようか、というときに、
枕元のすぐ上で、また何やら気配を感て
灯りをつけて起き上がってみると・・・

昨夜と同じバッタさんに見つめられていました(^^;

ジーッと・・・。
1109110046



ゴンが逝った日の晩にも、
小さなバッタさんが現れましたが、
なにかを知らせてくれているのかな?

なんだろう・・・。

soranimukatte_23 at 00:39|PermalinkComments(0)

2011年07月15日

暑中お見舞い申し上げます

あの震災と津波、なによりも原発事故が起こったことで、
日本も世界もすっかり変わってしまいましたが、
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

最近は、空や和泉川の写真を撮ることもままならず、
文章もほとんど書けないでおりますが、
いつも訪問いただきまして、ありがとうございます。

チリで噴火した火山の噴煙が
一週間で地球を一周したというのだから、
福島原発でまき散らされたものは
今では、いったい地球を何周したのでしょうか。

世界中でおこっている自然災害、更なる原発事故などは、
ヒトが風邪を引いて、くしゃみ、鼻水、発熱などで
体に溜まった「悪いもの」を浄化するように、
地球が本格的な浄化モードに入っているのかもしれません。

そんなことを考えながらも、
いまの私の日常は、もっぱらゴンの世話で過ぎていきます。
(さいわいなことに)

これから世界がどうなるのかわからないけれど、
結局は、目の前にある「すべきこと」に、ただ誠実に淡々と向き合うことが、
最後には、自分を、まわりを、救うことになるのではないかと思っています。


7月に入ってから、空がとってもきれいです。
これまでにない清々しさを感じます。
この季節に富士山が見えます♪

kodemari(^^)


soranimukatte_23 at 00:59|PermalinkComments(0)

2011年03月11日

地震

ここ横浜西部もかなり揺れました(震度5)。
いまだに余震が続いております。

テレビで見る津波の映像には
言葉を失いました。

各地の被災された皆様には
心よりお見舞い申し上げます。


被害の全容がわかるのは
これからですね。

小さなことでも
ひとりひとりが自分にできることを考えて
行動していくしかない。








soranimukatte_23 at 22:30|Permalink

2010年12月31日

よいお年を(^^)

平成22年も今日で終わり。
今年も一年間ありがとうございました。

個人的には、「静」の前半、「動」の後半で、
あっという間に駆け抜けたという感じです。

今年学んだことといえば、
「学科」も「実習」も必要ということでしょうか。

それから、
誰にとっても救世主は自分、
自分以外に自分を救うものはない、ということ。

平成23年は、より変化の激しい年になるのでしょうか。

敵も味方も内にあり。
新しい年も自分を信じて乗り切りましょう。


soranimukatte_23 at 19:33|Permalink

2010年12月25日

クリスマス

子どもの頃の一時期に
聖書や教会と縁があったこともあり、
クリスマスは神聖な日と感じていました。

でも、それも過去のこと。

今年のクリスマスは、
冬至から3日目ということ以外に
特別な意味が感じられません。

昨日の森田玄さんのブログの記事で
イエス・キリストに関するマシューブックからの抜粋を読んだら、
妙に納得してしまいました。

イエス・キリスト(玄のリモ農園ダイアリー 12/24)
http://moritagen.blogspot.com/2010/12/blog-post_24.html


私が通っていた教会はプロテスタントだったので、
カトリックの総本山バチカンの教義のいくつかを
大人になってから知りましたが、
中でも不可解でどうしても理解できなかったのが
「聖母被昇天」というもの。

やはりこれも何らかの意図のあるでっち上げだった
というのが真相なら、合点がいきます。


soranimukatte_23 at 17:53|Permalink

2010年12月01日

「111」から「222」へ?!

101112_1135~01.JPG101112_1134~01.JPG


上は、11月11日のこのブログのアクセス数と
So-netブログ内でのアクセスランキング。
あまりに「1だらけ」だったので、
珍しいので証拠に撮っておきました(笑)

この日から、「1」並びの数字を何度となく、
偶然とは言えない頻度で目にしてきました。
昨日まで。

きょう目にしたのは、「2」並びの数字をいくつか。

1つ進んだという「しるし」?


soranimukatte_23 at 23:02|Permalink

2010年10月14日

「33」はラッキーナンバー?

面白い記事がありました。

ラッキーナンバー?チリ救出劇にまつわるさまざまな「33」(AFP 10/14)
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/accidents/2766213/6323699


・救出用トンネルの掘削作業に費やされた日数は、33日

・トンネルの直径は66センチは、33の2倍

・救出作業が始まったは2010年10月13日、10+10+13=33
(現地時間では、13日中に作業完了)

・地下から全員の無事を知らせてきた手紙は、スペース含め33文字
「estamos bien en el refugio los 33"(33人全員、シェルターの中にいます)」


soranimukatte_23 at 13:26|Permalink