ホツマの神々

2013年04月28日

「素直さ」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」さんからの転載です。

転載元:http://696.kibanamano.net/
2013年04月25日

素直さ

神の最も尊ぶ資質は素直なり。
なれど人間には我がありて、素直さ表現できぬもの多かりし。
素直なれば丸く収まると分かりても、行動できぬが人の感情の厄介さならん。
互いに我を張らば、こじれにこじれ、相手を憎々しく思う事もあり。
己の作りたる執着深めらば、その邪気は互いを傷つけ合うこととなりにけり。
本来、人の魂は素直な優しき魂なり。
特に日本人は思いやり溢れ、お互い様の心持つ民族ならん。
互いに譲り合い、素直とならばこの世の争いも、家庭内の諍いもいじめも全て
無くならん。
神にも他者にも自分自身にも素直とならば、なんと楽なことなるや。
己の中の素直さ表に出すがよからん。



soranimukatte_23 at 20:47|PermalinkComments(0)

2013年04月22日

「世の変わり目」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」さんからの転載です。

転載元:http://696.kibanamano.net/
2013年04月20日

世の変わり目


今まさしくこの世の変わり目。

今の世の終わりは無になることにあらず。

この世を清め、次元を上げ、新たなる世造り始まらんとす。
この世に存在する、神の意、宇宙の意に沿わぬ物全てを浄化し、正しき文明発達を図るが立て替え立て直しなり。

人全てが改心し、犯したる罪を悔いて浄化するべき時なり。
人にとりて最期の立て替え立て直しの機会なれば、心して浄化に努めるべし。

今地球が抱えたる問題は、人類の過ちが因なり。
そを人事と思うなかれよ。己には罪無しなどとゆめゆめ思うべからず。

今の世は己の我欲が具現化したるものなり。
なれば、罪なき者など誰一人としておらぬ。

今この世の変わり目、この時に全ての毒掃き出さねば間に合わぬ。
そを知りても、己の罪悔いもせず、行動せぬは許されぬ。

神にも悲しみ、苦しみあり。

立て替え立て直しの必要性悟りて、行動する者あまりに少なき。そは神にとりて悲しきことなり。
人が自らこの世を清め立て直すを神は長き間切望され続けられたり。

美しき魂なれば、今の世の異常さに気づかん。
美しき魂なれば、立て替え立て直しの進行も感じ、今己に必要なる行動を自然と悟らん。

一人でも多くの人間の気づきを未だ神は待ち続けるなれど、そも限界近し。
人の世の過ちを悟りて、己の浄化に努め、世界を浄化するべけれ。



soranimukatte_23 at 12:14|PermalinkComments(0)

2013年02月17日

「目を向ける」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」さんからの転載です。
転載元:http://696.kibanamano.net/
**********
2013年02月17日

目を向ける

神は何年も何年もの年月をかけ、今の地球の危機を知らされ続けらるる。
もうすでに立て替え直しは進行するれども、さにても気づかぬは、どれほど大きなる現象起きらば人に気づきもたらされるや。
宇宙は全て循環す。地球は星の一つなれど、今その地軸は狂いたり。さすれば今その地球、さらに言わば宇宙規模にて何事が起るもわからぬ。
人間は宇宙の一部なるをいやでも実感させらるる事象これより増えゆかん。
循環壊れるその恐ろしさ、今起りたる事全ての警鐘、立て替え立て直しの全ての現象に目を向けるべけれ。

**********

soranimukatte_23 at 17:08|PermalinkComments(0)

2013年02月11日

「分かれ道」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」さんからの転載です。
転載元:http://696.kibanamano.net/
**********
2013年02月11日

分かれ道

建国の日を迎え、いよいよ新たな年の波動高まらんとす。
この年は分岐の年なれば、良きに向かうや悪しきに向かうや、己自身にて決めるべけれ。
これまで歩んで来た道、良きことも悪しきことも全てを含め振り返りて、反省し感謝を捧げるべけれ。
さなれば、これまで歩みたる道は決して無駄とならず、これより先の歩みのための指針となろうぞ。
全てにおいてまやかし多かるれど、惑わされず正しき道を選びて、新たなる世の誕生のその時を目指し、明るく朗らかに生きるがよからん。
国を正しく導くは、国民の真の力なり。

**********

soranimukatte_23 at 23:45|PermalinkComments(0)

2013年02月09日

「具現化」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」さんからの転載です。
転載元:http://696.kibanamano.net/
**********
2013年02月07日

具現化

大元の神は宇宙のはじめに一つの法則をつくられたり。
その法則にてこの世は動かさるる。
己の考える事が全て現実となる仕組みならん。
なれど、今の世の人々はそを忘れさり、負の言霊発し、負の思いにとらわれ、己の運命のみならず、世界までも乱さんとす。
人の思いに乱されし波動の一つに『金』あり。
金は人の気を循環せしめる一つの手段なり。この世に必要な波動ならん。
なれど、人は欲にとらわれ、真なる価値を持たぬ紙幣生みだして大量生産大量消費大量廃棄の世を生み出さん。
さらに紙幣すら作らぬとなれば、金の循環はますます乱れゆくと気づくべし。
金の循環正さねば、この世の争いも消えぬ。
さなる世を生みだしたるは人間一人一人の責任なり。責任転嫁するなかれよ。
一人一人が己の気を正し、良き思い、良き言霊にて良き循環生み出さば、世界は必ず平和となりにけり。
宇宙の法則に不幸の法則はなし。
立て替え立て直しの現象も、この世の毒を浄化し、人と地球を守るお働きならん。

**********

soranimukatte_23 at 00:43|PermalinkComments(0)

2013年01月29日

「飽食文化の限界」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」(http://696.kibanamano.net/)より、
2013年01月28日「飽食文化の限界」の転載です。
**********

飽食文化の限界

未だ日々大量の食物が捨てさられし異常なる飽食文化続くなれど、そも限界近し。
人々は食あるが当然にて今の世の異常さも悟れず、感謝も薄かりなん。
飽食の時代に生まれ育ちたる人間に譲り合い、分け与え思いやる心ある者少なく、
食糧難訪れれば、奪い合う者も現れん。
飽食文化に限界訪れ、食糧難となれば人々の混乱は避けられぬ。
なれど、さなる時こそ人の真価問わるると肝に銘ずるべけれ。
飽食の文化の中にて忘れたる大切な心を取り戻すべけれ。

**********

soranimukatte_23 at 14:35|PermalinkComments(0)

2013年01月25日

「不満噴出の年」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」(http://696.kibanamano.net/)より、
2013年01月24日「不満噴出の年」の転載です。
**********
不満噴出の年

節分は年の波動の変わり目の時なり。
節分近きになるにつれ、この年の現象強くなりにけり。
この年、人も世界も不満の噴出に気をつけるべけれ。
世界は元一つ。
その神の教えを人は未だ生かせず。
人同士も、国同士も争いばかりなり。
それぞれがそれぞれの主張にて我を押しつけ合うままなれば、
いつまでも世界平和など望めぬ。
人にも世界にも役割あり。人の欠け、他国の欠けを補い合い、
助け合いてこそ世界は一つとならん。
そを肝に銘じこの年を過ごすがよからん。

**********

soranimukatte_23 at 01:35|PermalinkComments(0)

2013年01月13日

「理性は本能」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」(http://696.kibanamano.net/)より、
2013年01月11日「理性は本能」の転載です。
**********

理性は本能

今の世は子への暴力、いじめ、目を覆うばかりなり。
子を傷つける行為も人をいじめる行為も内なる魂をひどく傷つけることとなりにけり。
人の中には善と悪ありなん。
人には残虐性もあるものなり。
なれど、その反対に愛、奉仕の心も備われり。
悪の心を抑えず剥き出しにするはいとも簡単なことなれど、人には理性ありて善にて悪を抑えんとする本能がありなん。そは神よりの最大のおくりものなるをゆめゆめ忘るるなかれ。
さなる本能失いて、他者を痛めつけることに喜びを見出す者は、いずれ全てが己に還りて身を滅ぼさん。
子供の世界のいじめは大人社会の縮図なれば、大人の世界が変わらねば子の世界も変わらぬと悟れよ。
大人社会が真の母性、父性に溢れてこそ、子等にも真の奉仕の心養われん。

**********

soranimukatte_23 at 16:28|PermalinkComments(0)

2013年01月07日

「不平不満の噴出の時」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」(http://696.kibanamano.net/)より、
2013年01月07日「不平不満の噴出の時」の転載です。
**********

不平不満の噴出の時

年の初めにあたり、この世界を平和にするために、今年こそは皆々言霊を大切にするがよからん。
人を傷つける言葉は慎みて、険のある言葉は決して発するなかれ。
怒り、不平不満を抱えることありとて、さなる感情を言葉に発すれば、そは人を傷つけ巡り巡りて必ず己に還ることとならん。
一人一人が己の発する言霊の波動はいかなるや、考えねばならぬ。
人を傷つけらば己も傷つけらるる。人を突き放さば己も突き放さるる。
さなる繰り返しにて今の混沌とした世界が形成されしことを悟れよ。
人の幸せを喜びて良き言霊発し世界を平和に導くべけれ。
嫌なことが起こるも我慢する心養う良き機会とし、器を広げ大きなる人を目指すがよからん。
立て替え立て直しの試練の時は続かんとす。辛き時も良き言霊を忘るるなかれ。

**********

soranimukatte_23 at 23:42|PermalinkComments(0)

2012年12月25日

「新年の神事」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2012年12月24日「新年の神事」の転載です。
**********
新年の神事

新年を迎えるはその年の守護を司る神をお迎えする事でもありなん。
なればこそ環境をできうる限り清浄に美しく整えねばならぬ。
しめ縄、門松、国旗掲揚せぬ家も増ゆるれど、さなる習慣は全て神をお迎えする心の表れなれば、できうる限り日本的な正月を迎えるが肝心なり。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/

soranimukatte_23 at 15:52|PermalinkComments(0)

2012年12月24日

「大掃除」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2012年12月24日「大掃除」の転載です。
**********
大掃除

今年も終わりに近づかんとせば、家の隅から隅まで清め祓い、必要なき物は心のごみと共に捨て去るがよからん。
使用せぬもの捨てられぬは執着という負の心に支配さるるがゆえならん。古きを捨てらば新しき気もたらされん。
暮れの掃除はできる限りほうきを使いて家の中の邪気を掃き出すがよし。
家を清浄にし、この年無事に過ごせしことに感謝捧げ神社にお礼参りをすらば、心身禊がるる。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/

soranimukatte_23 at 18:19|PermalinkComments(0)

2012年12月22日

「五元素」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2012年12月20日「五元素」の転載です。
**********
五元素

宇宙には五元素あり。
人も五元素うまく交じりあいて生み出されしものなり。
言葉も文明も全ての物質、万物に五元素ありてそれぞれ助け助け合い循環するは宇宙の法則ならん。そを悟るれば人と人が争うことなど本来あり得ぬ。
人に与えればめぐりめぐりて己も与えらるる真理も五行循環の法則にてもたらされん。
立て替え立て直しにて、全ての循環は正さるる。なれば、この助け合い補い合いの流れにうまく乗るがこれより先の正しき生き方ならん。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/

soranimukatte_23 at 00:11|PermalinkComments(0)

2012年12月19日

「立て替え立て直しの時代」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2012年12月19日「立て替え立て直しの時代」の転載です。
**********
立て替え立て直しの時代

この世の立て替え立て直しは既に本格的になるれどもまだまだ気づきある者少なからん。嘆かわしきなり。
この地球、人間を美しきものに戻さんとするため、浄化の作用起こらば強き痛みも伴わん。人は忘れやすく、異常にも慣れやすきものなれば、神は繰り返し繰り返し幾たびも人に伝えん。
神の教えをいつも心にとどめ、魔に取り憑かれぬよう浄化に努めるべし。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/

soranimukatte_23 at 19:01|PermalinkComments(0)

2012年12月16日

「イネは命の根」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2012年12月16日「イネは命の根」の転載です。
**********
イネは命の根

神は人が人としての尊厳を持ち、その国々の風土に合う中心の食物を与えられたり。
日本人の食の中心は米なれば、米を食するは日本人の遺伝子が喜ぶことなり。
なれば米を食することにて日本人の日本人たる思いやりの心、和を重んじる心、礼節を守る心育まれん。
現代は日本人への神の恵みなる米も汚染され、米食せぬ者も増えゆかん。そは由々しきことなり

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/

soranimukatte_23 at 18:24|PermalinkComments(0)

2012年12月14日

「神の本願」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2012年12月14日「神の本願」の転載です。
**********
神の本願

地球誕生以来、人を生み出し、三次元世界に地上天国を築く役割を与えんがため、長い時をかけ、地球は進化を繰り返し、ある時は一瞬にしてこの世に氷を張り巡らせ、ある時は野山を焼き払い、次に水にてこの世を清め、多くの神仕組み、神技によりて人は生み出されしものなり。人の存在は多くの命の犠牲の下にあることを忘るるなかれよ。
宇宙の原理はこの宇宙が調和するべく働くものなれば、理に適わぬものはいずれ淘汰され、物事はいずれ収まるべきに収まるものなり。そは避けられぬ。
今人が直面する問題も、過ちあればいかに人が画策しようとも宇宙の大いなる意志には逆らえぬ。時には大きな痛み伴う大改革、大掃除も起こらん。
なれど、そも人が人の役割を思い出し、果たしてくだされよと願う神の御心によるものなり。
この世を今すぐに無の状態に戻すは、神、宇宙にとればいとも簡単なること。
壮絶なる天変地異あらば人は生きられぬ。
人を生かしつつ、立て替え立て直しを果たすは神にとりても難儀なり。
なれど、神の分け御霊、分身、神の子なる人間生かすが神の本願なれば、人も神の思いを汲みて、これから訪れんとする痛みに耐え、気づき精進し、この世の次元を上げる役割を果たすべけれ。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/

soranimukatte_23 at 18:54|PermalinkComments(0)