きょうの空と富士山(13.01.27)『フィルム』

2013年01月27日

【惑星通信】01月27日号 師走の満月

「地球暦 惑星通信 01月27日号」の転載です★
太陽系時空間地図 地球暦

惑星通信

西暦 2013年01月27日(日)
旧暦 平成25年 12番目の月 / 師走 十六夜

「大寒で、寒さの極まる、北半球、バランスする、内と外、内惑星と外惑星」


太陽を中心とした各惑星の本日9時の値
水星 328°07 金星 272°00 地球 127°12 火星 337°55 木星 76°06 土星 215°19
天王星 7°49 海王星 332°40 冥王星 279°27

───────────────────────────────────

【今日の惑星配置】西暦 2013年01月27日(日)
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130127

───────────────────────────────────

おはようございます。
この度、地球は円盤の127°、太陽黄経で307°を運行中です。
本日は「冬」の82日目、春の季節のはじまりの、「立春」まであと8日となりました。

───────────────────────────────────
【旧十二月 / 晩冬】12th Full Moon / Flourishing Winter
今日は、師走(しわす)の「満月」です。本日の13時38分です。
月との距離 : 39万6982km(平均38万4400km)
───────────────────────────────────

地球暦が朔弦望の一つ、“師走の望”をお知らせします。

今日は新月から十六日目、月が満ち、今年で十二番目の満月を迎えました。

満月の時は、西の空に太陽が沈むと、東から月が昇るという関係になっています。
太陽と月の関係が、地球を中心にシーソーのように180度に開き、互いの関係が最
も強調された時です。

地球にとって、昼の方向の太陽と夜の方向の月が、一線に重なる状態は、
潮の満ち引きをはじめ、心の変化や体の代謝も活発になり、一ヶ月の中で最も
エネルギッシュな時です。

冬の終わり、晩冬の満月をどんな思いで見上げますか。

─────────────────────────────────
2013年度版地球暦の配布ついて 
─────────────────────────────────

2013年3月20日(春分)より、2013年度版の地球暦がはじまります。

2月上旬からの発送に向けて、ホームページ内の「贈り物」ページにて予約申込みを
開始いたしました。

準備が整い次第、順次発送させていただきますので、もうしばらくお待ちください。

───────────────────────────────────
次のご案内は、明日です。
西暦 2013年01月28日(月) 水星と海王星の結び
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130128
───────────────────────────────────

HELIOSTERA http://www.heliostera.com/
Mobile http://www.heliostera.com/mobile/



soranimukatte_23 at 11:26│Comments(0) 星・占星学 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
きょうの空と富士山(13.01.27)『フィルム』