きょうの空(12.12.18)『fanfare』

2012年12月18日

和泉川の風景(12.12.16) カワセミ

昨日の記事の最後の写真は、
コサギさんを数メートル上流側から
歩道の柵にカメラをのせるようにして撮っていました。
頭上はバス道路の架橋。

その時、目の前の川面に、
ボチャン!とかなりの勢いで上から何かが落ちてきました。

大きめの石でも落ちたのかと思った瞬間、
波紋が広がったその場所から色鮮やかなものが飛び出して
川面すれすれに上流方向に素早く飛び去りました。

弾丸のように去った鮮やかなモノは、
20メートルくらい先の護岸の木にとまりました。

なんと、カワセミさんでした。

121216_154517


よく見えないので拡大してみました。
ぼやけていますが。

BlogPaint


私がコサギさんを撮影していた20分くらいの間、
ずっと架橋下でエサを狙ってたんでしょうか?

口に何もくわえてないので、
ボチャンと飛び込んだ「狩り」は失敗だったようですが…。

カワセミさんを見かけることは時々あるので
そんなに珍しいことでもないのですが、
自分の目の前に突然こんなふうに現れるなんて。

本当に私の目の前3〜4メートルくらいでした。

こんなこともあるのかと、
なんだか不思議な出来事でした。


そして、このあと
目の前の投票所へと向かったのでした…。

soranimukatte_23 at 15:55│Comments(0) 写真館 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
きょうの空(12.12.18)『fanfare』