2013年03月

2013年03月20日

今日の富士山(13.03.20)「絶景くん」から

絶景くんの富士山中継(山中湖村)
http://www.vill.yamanakako.yamanashi.jp/zekkei/

11:50
130320_1150_r


13:50
130320_1350_r



下のショットは、
逆さ富士みたいな昨日の雲。

17:30(13.03.19)
fuji130319_1730_r


soranimukatte_23 at 18:44|PermalinkComments(0) 空のアルバム 

【惑星通信 最終回】03月20日号 0°春分 如月の上弦

地球暦の「惑星通信 最終回 03月20日号」の転載です★
太陽系時空間地図 地球暦

惑星通信

西暦 2013年03月20日(水)
旧暦 平成25年 2番目の月 / 如月 上弦

「北半球と南半球に、
 同量の光が当たり、
 陰と陽が、きれいに分かれ、
 昼と夜の、長さが同じ。
 この日、世界中、どこからでも、
 朝の日の出の、御来光は、
 真東から昇ってきて、
 真西へと沈んでいく。
 北と南と、昼と夜が、
 東と西がバランスする、
 かたより釣り合い、反転する、
 力のバランスが変わる。
 暑さ寒さも、お彼岸まで、
 陰でも陽でもない、中道。
 蓮の花の上で見渡す、
 一年のセンターライン。
 年度始まりの、上半期、
 吉日中の吉日 Varnal Equinox、 
 春分は、すべてのはじまり。
 卒業式に、入学式、
 桜咲く頃に感じる、
 えもいわれぬはじまりの感じ。
 肌で感じる、太陽そのもののDNA、
 心で感じる、まほろばの大和、
 今また結び、開く岩戸、
 再び開く、神話の足音。
 一年というまとまり、
 羅針盤、方針かたまり、
 日の出、拝むために、集まり、
 御来光の光、通じて、
 ぼくらが一つになる、祭り。
 太陽黄経0度の開始は、
 3月20日の本日です」

太陽を中心とした各惑星の、日本時間で本日正午の値
水星 220°45 金星 354°32 地球 179°40 火星 10°39 木星 80°38 土星 216°58
天王星 8°23 海王星 332°59 冥王星 279°42

※地球暦では本年度より、算出の値を世界各国タイムゾーンの正午を基点することにいたしました。

───────────────────────────────────

【今日の惑星配置】西暦 2013年03月20日(水)
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130320

───────────────────────────────────

おはようございます。
この度、地球は円盤の180°、太陽黄経で0°、年度の基点に到着いたしました。

Ladies and gentlemen.
Welcome to the “SPACESHIP EARTH”
This is the Heliocentric Earth Ephemeris
「HELIOCOMPASS」 A.D2013 bound for A.D 2014.
We will be stopping at 24 Solar terms,
Before arriving at The “Vernal Equinox” of Ecliptic longitude 0 degree.

ご乗船のみなさまにご案内申し上げます。
この旅は、惑星地球号にご乗船下さいまして、ありがとうございます。
こちらは、太陽系時空間地図 地球暦 平成25年度版、
西暦2013年 3月20日 春分はじまり。
毎度360度、本年365日と1日余り、
左回り、オール順行、未来行きです。
定員人数は71億人を超え、この度、満員御礼で出航いたします。

───────────────────────────────────
太陽黄経0度 春分[しゅんぶん]Vernal equinox
※本日の20時02分です。(国立天文台 暦要項)
───────────────────────────────────

地球暦が二十四節気の一つ「春分」をお知らせします。

「春分」は、太陽黄経0度のはじまりで、仲春の半ばの地点です。

今日から新年度の上半期がスタートします。
今日の太陽のある方向が「春分点方向」で、太陽黄経0度とされ、
一年を円として捉えた時の起点にあたります。(1太陽年)

※1太陽年の平均的な長さは、365日5時間48分45秒です。

西暦では、1月1日の元旦で年が変わりますが、
生活に則した切り替わりは、現在でもこの新年度にあり、
新学期、クラス替え、人事の入れ替え、決算などが行われます。

桜が咲く間近のこの時期になると、はじまりの感覚がするのは
太陽を中心とした時の記憶が私たちのDNAに刻まれているからかも知れません。

一年を一日にたとえた時の、「日の出」の時に当たるこの時期は、
これからはじまる一年の行事や作事などのために、抱負を新たにし、
柱を立てるような過ごし方を心がけるとよいでしょう。

春の真ん中にいる今、一年を見渡して、取り組むべきことを宣言してみましょう。

地球暦に惑星ピンを刺している方は、コマを進め地球の節目を確認して
みましょう(動きがあるのは変化の大きい水星から火星までの4つです)。

……………………………………………………………………………………………
[土御門歳時記(安倍晴明)より]

昼夜(ちゅうや)相当分(そうとうぶん)する 春分を以(も)て
暦元(れきげん)となし 次の春分に至(いた)る一年とするものなり

……………………………………………………………………………………………
[七十二侯]

■ 雀が巣を構え始める
■ 桜の花が咲き始める
■ 遠くで雷の音がし始める

※七十二候は土地ごとに本来作られるものですので慣例を参考にして、
身近な季節の変化を、自分の環境に合わせて、季語で自由に表現してみましょう。

……………………………………………………………………………………………
[春分からの目度]

30° 先 >> 穀雨 2013/04/20
45° 先 >> 立夏 2013/05/05
90° 先 >> 夏至 2013/06/21
120° 先 >> 大暑 2013/07/23
180° 先 >> 秋分 2013/09/23
270° 先 >> 冬至 2013/12/22

90度系の角度は、建設的に組み立てる働きに対し、
60度系の角度は、流動的に転換していく働きを持っています。
270度は、9ヵ月間で妊娠期間に相当し、
時間をかけて着実に形作る力を持っています。

───────────────────────────────────
お彼岸には、ご来光を拝みましょう。
───────────────────────────────────

春分は一年を一日にたとえた時の「日の出」に当たりますが、
毎日の日の出の中でも、この春分(秋分も同様)は真東から太陽が昇るため、
一年の中で最もご利益のあるご来光と言えます。

この起点は太陽信仰の文明にとって一年のはじまりを意味する大切な時で、
太陽の光線が地球の球に対して、まっすぐに差し込み、北半球と南半球に
同量の光が当たり、昼と夜の長さが同じになり、陰と陽を同等に分つ、
バランスのとれたポイントです。

中庸・中道などの精神をもつ仏教でも、彼岸会は最大の仏教行事であり、
神社でも春季皇霊祭という歴代の天皇のまとめて奉祀する重要な忌日と
なっています。

今日は、日本では国民の祝日。
まずはご来光を拝み、今日一日の太陽を身近に意識することを心がけましょう。

───────────────────────────────────
光の通り道 レイライン
───────────────────────────────────

春分(秋分も同様)の太陽は、真東から昇り、真西に沈むため、
地上では東西のラインが強調されます。

ピラミッドや仏閣や社殿などは東西南北を意識して建築されていますが、
中でも真東に参道や鳥居を設けることは、春分のご来光を遥拝し、
天と地と光を通じて一体化させる意味を持ちます。

真東からご来光が昇るこの時は、農耕の文明にとっても農事の起点となり、
五穀豊穣、子孫繁栄の祈願の時です。

自分自身の生活環境の中に春分のエネルギーを取り入れることにより、
日本古来の太陽信仰の記憶がよみがえるような気がします。

今日は特別な場所で過ごすこともよいですし、自分のいる場所で、産土、氏神
などを祭り、地元、自宅など普段の生活環境の中で、特別な日としての過ごし
方を意識してみてはいかがでしょうか。

───────────────────────────────────
あらゆることのはじまりに
───────────────────────────────────

一年の「日の出」と言える春分は、お日柄選びの中では最高の選日の時です。

たとえば、結婚、建物の竣工、会社組織の設立など、人生の土台に関わる
宣言をするのにふさわしく、一年の節目と物事の節目を重ね合わせる事に
よって、毎年、年とともに、はじまりを刻んでいくことになります。

また柱を立てるように、このタイミングで宣言や決意をすることで、これか
らはじまる一年全体に影響を与えられる特別な時でもあります。

───────────────────────────────────
地球暦のお披露目『暦奏(りゃくそう)』
───────────────────────────────────

地球暦の2013年度版のリリースを本日、事任八幡宮にて行います。
申し込み不要の自由参加です。地球暦を取りに来られるだけもOKです。

お話し 杉山開知
日時: 2013年3月20日(水)春分の日 祝日
時間: 10:30 - 16:00
参加費: なし(自由参加)
昼食: 軽食などの出店あり。お弁当の持参など自由。神社前にお蕎麦屋さんもあります。
場所: 事任八幡宮 (遠江一ノ宮)
住所: 静岡県掛川市八坂642 
http://www.geocities.jp/kotonomachihime/

───────────────────────────────────
「チームちきゅうれき」から、「独立個人の一人一人」へ
───────────────────────────────────

2012年に一年間ご協力いただいた「チームちきゅうれき」は解散いたしました。
今後は地球暦を通じて、それぞれ個人が自由に表現しながら、同じ時代を生きている
仲間として、一人一人が自分の世界観を共有していければと思います。
ワークショップもそれぞれ有志が自主的に各地で行っていただければと思います。
サロンやサークル的な集いも、自由に行っていただきたいと思います。

チームちきゅうれきに賛同いただきました118名(惑星)のみなさま、お付き合い
いただきまして、心より感謝しております。ありがとうございましたm(__)m

───────────────────────────────────
新しい時間の贈りもの「太陽系時空間地図 地球暦」お申し込みはこちら
───────────────────────────────────

ただいま、申込者多数のため、発送の方が遅れておりますが、
一部一部丁寧にお届けしております。ご到着まだの方もうしばらくお待ち下さい。
本年度は1万部の贈りものを制作いたしました。数に限りがございますので、
この機会にご縁をいただければ幸いです。

http://heliostera.com/  →「贈りもの」タブをクリック

───────────────────────────────────
フェイスブックファンページ 「地球暦」
───────────────────────────────────
フェイスブックのファンページにて、地球暦の近況を不定期でシェアしており
ます。ご活用のみなさまで興味のある方は、お気軽に「いいね!」をよろしく
お願いします。

───────────────────────────────────
次のご案内はありません。
西暦 0000年00月00日
───────────────────────────────────
太陽(二十四節気)月(朔弦望)惑星(結び開きの会合)に合わせて、毎朝6時に
3年間で687通にわたり、地球暦の惑星通信にてガイダンスさせていただきました。
2010年1月の“火星と地球の結び(最接近)”にはじまり、火星の公転周期の687日
と同じ日数分の配信を続けてきました。「暦の上にも3年」多くの学びをさせてい
ただきました。
つたない文章も多々ありますが、みなさまの温かい気持ちでに継続することがで
きました。講読していただいたみなさまに感謝を申し上げます。
これからもさらなる進化のために一歩一歩前進していきたいと思っております。
今後とも、みなさまのご理解、ご協力よろしくお願いいたします。

長きにわたり、お付き合いいただきまして、ありがとうございましたm(__)m

杉山開知(12868 日目 / 35年と2ヵ月と22日目)

HELIOSTERA http://www.heliostera.com/
Mobile http://www.heliostera.com/mobile/


soranimukatte_23 at 12:26|PermalinkComments(0) 星・占星学 

『蘇生』

Mr.Children の『蘇生』


soranimukatte_23 at 00:00|PermalinkComments(0) music 

2013年03月19日

きょうの空(13.03.19)


14:53
i130319_145316



14:56
i130319_145634



iPhoneで空の写真撮ってたんだ。

思い出してよかった。
「きょう」に間に合った…(^ ^;

soranimukatte_23 at 23:42|PermalinkComments(0) 空のアルバム 

つぼみ(13.03.14)

先週木曜日の風景のつづき。

これも区役所脇。

130314_143707



130314_144252



もう咲いてますね、きっと。

soranimukatte_23 at 23:23|PermalinkComments(0) 写真館 

【惑星通信】03月19日号 水星と土星の結び

「地球暦 惑星通信 03月19日号」の転載です★
太陽系時空間地図 地球暦

惑星通信

西暦 2013年03月19日(火)
旧暦 平成25年 2番目の月 / 如月 八夜

「春盛りの如月の月、年度はじまり上半期、真東から昇る春分の御来光」

太陽を中心とした各惑星の本日9時の値
水星 217°19 金星 352°44 地球 178°33 火星 9°58 木星 80°32 土星 216°55
天王星 8°22 海王星 332°59 冥王星 279°44


───────────────────────────────────

【今日の惑星配置】西暦 2013年03月19日(火)
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130319

───────────────────────────────────

おはようございます。
この度、地球は円盤の178°、太陽黄経で358°を運行中です。
本日は「春」の44日目、新年度のはじまりの、「春分」まであと1日となりました。

───────────────────────────────────
Conjunction of Mercury & Saturn【88.70日周期】
今日は、“水星と土星の結び” の日です。
次の“開き”は 2013年05月10日 です。
───────────────────────────────────

地球暦が、惑星会合の一つ、“水星と土星の結び”をお知らせします。

今日は,、第1軌道の水星と第6軌道の土星が、ちょうど217°の方向で“結び”となりました。

88日=3ヵ月ごと会合する、水星と土星の会合周期は、地球にとって約90度の期間で、
組み立てていく働きを持った建設的な周期です。

36通りの会合の中で“3ヵ月”は最速最短で、太陽系の中で最も乗りやすく、
掴みやすいサイクルです。

約30年周期の土星は、どっしりと不動のように見えますが、1ヶ月で1度ほど
円盤上をゆっくりと動いています。

3ヶ月サイクルでめぐってくる水星との会合は、前回の位置から3°ほどの変化があります。

今日は、具体的にどのような仕組みが動いているのかをはっきりとさせて、
“時間=いつ”、“空間=どこで”、“エネルギー=どれくらい”という時空間を把握することを
心がけるといいでしょう。

全体の大きなバランスと秩序の中で、細かい物事を見ていきましょう。

───────────────────────────────────
Planetary Alignment No.4  Mercury & Saturn[88.70days cycle]
───────────────────────────────────

2012年12月20日 水星と土星の結び 
2013年02月10日 水星と土星の開き 前回

2013年03月19日 水星と土星の結び 今回
2013年05月10日 水星と土星の開き 次回

2013年06月16日 水星と土星の結び
2013年08月06日 水星と土星の開き

2013年09月13日 水星と土星の結び
2013年11月02日 水星と土星の開き

2013年12月10日 水星と土星の結び
2014年01月30日 水星と土星の開き

2014年03月09日 水星と土星の結び
2014年04月28日 水星と土星の開き

2014年06月06日 水星と土星の結び
2014年07月26日 水星と土星の開き

2014年09月03日 水星と土星の結び
2014年10月22日 水星と土星の開き

───────────────────────────────────

新しい時間の贈り物、はじまりました!

───────────────────────────────────

本年度版をご予約いただきましたみなさま、長らくお待たせいたしました。

ご予約いただいた方々に順番にお届けしてまいりますが、
手作業で一部一部丁寧に発送作業しておりますので、
お時間をいただきますことあらかじめご了承ください。

また今後とも継続して制作していけるよう、ご寄付にご協力いただければ幸いです。

※地球暦のご予約はHPにて受け付けております。

───────────────────────────────────

惑星通信の配信サービスの終了のお知らせ

───────────────────────────────────

この度、2013年3月20日(春分)を機会に、惑星通信およびmy惑星通信の
サービスを終了させていただくことになりました。

毎日楽しみに待っていただいていた方、これまで長きにわたり
ご縁をいただいた方には申し訳ありませんが、今後の発展のために
情報を進化させたいと思いますので、ご理解の程よろしくお願いします。

───────────────────────────────────
次のご案内は、明日です。
西暦 2013年03月20日(水) 0°春分 如月の上弦
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130320
───────────────────────────────────

HELIOSTERA http://www.heliostera.com/
Mobile http://www.heliostera.com/mobile/


soranimukatte_23 at 10:18|PermalinkComments(0) 星・占星学 

『ラララ』

Mr.Children の『ラララ』




あなたの「ラララ」は、何?

soranimukatte_23 at 00:00|PermalinkComments(0) music 

2013年03月18日

濃いピンクの桜(13.03.14)

先週木曜日の風景から。

区役所横の桜です。
(種類はわかりません(^ ^;)

ほぼ満開でした。

130314_143224



130314_142858



130314_142631



*****
今日はまた強い風が吹き荒れています。

昨夜の頭痛は異常でした。
強烈な磁気嵐のせいだったようです。

「2013/ 3/18 10:23 太陽風の乱れが到来し、速度は750km/秒に達しました。
激しい磁気圏活動が発生しています。」(宇宙天気ニュース)
http://swnews.jp/


今朝の気になったニュース↓

地震の揺れで「ほぼ瞬時に」金鉱脈形成?研究報告(AFP 3/18)
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2934425/10454534

劇的な変化というのは一瞬で起こる?

soranimukatte_23 at 12:45|PermalinkComments(0) 写真館 

『100万回の「I love you」』

Rake-さんの『100万回の「I love you」』


soranimukatte_23 at 00:00|PermalinkComments(0) music 

2013年03月17日

夕日から羽が?(13.03.17)

夕日から羽が生えてる?

17:11
130317_174225



先ほどから変な頭痛がしてます。

波のように強くなったり弱くなったり
右の頭だけ痛みがつよくなったり
しびれたような感じがしたり。

磁気嵐のせいでしょうか。
http://swc.nict.go.jp/news/topics.php?id=20130317171713


春分や復活祭を前にした今の磁気、じゃない時期(笑)
お祝いムードも感じますね。
花もいっせいに開いてる感じだし。

soranimukatte_23 at 17:58|PermalinkComments(0) 空のアルバム 

きょうの空(13.03.17)


12:32
130317



ニュースからテレビから自然から身体から…
あらゆるものから感じられる
どこかの一点に向かっているような、
この雰囲気。

焦点は春分でしょうか?

soranimukatte_23 at 15:32|PermalinkComments(0) 空のアルバム 

『fanfare』

Mr.Children の『fanfare』


soranimukatte_23 at 00:00|PermalinkComments(0) music 

2013年03月16日

きょうの空(13.03.16)

早起きしたら、こんな雲が見られました。

東の空。

6:13
130316_064402



南の空。

6:14
130316_064533



西の空。

6:14
130316_064527


6:21
130316_065236



この一番つらい季節に
2日続けてゴミが出せました。
(私にしてはスゴイことです(^ ^;)

この数日のただならぬ気配は、
普通じゃないですね。

早朝から騒がしかったカラスたちは、
ゴミの収集が終わっても落ち着かず
ずっと鳴き合っています。

私も過敏症とアレルギーの症状に加えて
この二、三日、耳に圧や痛みを感じたり、
時おり頭が痛くなったり(電磁波の影響?)
目がチカチカしたりしてます。

昨日は10日ぶりにMクラスの太陽フレアも発生して
地球方向へのCME(プラズマの塊が放出)も発生しているようです。

soranimukatte_23 at 09:54|PermalinkComments(0)

感謝

ありのままのあなたと
ありのままの私と

おたがいの存在が
ただありがたく
いとおしかった

ありがとう
時空をこえて

あなたがいたから
ここまでこられた


0904170093

soranimukatte_23 at 08:45|PermalinkComments(0) 気・波動・霊性 

【惑星通信】03月16日号 火星と天王星の結び

「地球暦 惑星通信 03月16日号」の転載です★
太陽系時空間地図 地球暦

惑星通信

西暦 2013年03月16日(土)
旧暦 平成25年 2番目の月 / 如月 五夜

「春盛りの如月の月、年度はじまり上半期、真東から昇る春分の御来光」

太陽を中心とした各惑星の本日9時の値
水星 207°48 金星 347°58 地球 175°33 火星 8°07 木星 80°17 土星 216°50
天王星 8°20 海王星 332°58 冥王星 279°43


───────────────────────────────────

【今日の惑星配置】西暦 2013年03月16日(土)
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130316

───────────────────────────────────

おはようございます。
この度、地球は円盤の175°、太陽黄経で355°を運行中です。
本日は「春」の41日目、新年度のはじまりの、「春分」まであと4日となりました。

───────────────────────────────────
Conjunction of Mars & Uranus【702.7日周期】
今日は、“火星と天王星の結び” の日です。
次の“開き”は 2014年03月25日 です。
───────────────────────────────────

地球暦が惑星会合の一つ、“火星と天王星の結び” をお知らせします。

今日は第4軌道の火星と、第7軌道の天王星が、目出度く8度の方向で
“結び”になりました。

平均で約703日(1.9年)ごと結んでいく火星と天王星の会合は、
2年毎に1ヶ月ずつ前倒しになってやってきます。

天王星の84年の一周の間に、火星は約44回会合しています。

人生という道のり(天王星)に、経験(火星)が刻み込まれていくようです。

───────────────────────────────────
Planetary Alignment No.23 Mars & Uranus[702.7days cycle]
───────────────────────────────────

2011年04月17日 火星と天王星の結び
2012年04月21日 火星と天王星の開き 前回

2013年03月16日 火星と天王星の結び 今回
2014年03月25日 火星と天王星の開き 次回

2015年02月13日 火星と天王星の結び
2016年02月27日 火星と天王星の開き

2017年01月13日 火星と天王星の結び
2018年01月30日 火星と天王星の開き

2018年12月14日 火星と天王星の結び
2020年01月03日 火星と天王星の開き

2020年11月13日 火星と天王星の結び
2021年12月06日 火星と天王星の開き

───────────────────────────────────

新しい時間の贈り物、はじまりました!

───────────────────────────────────

本年度版をご予約いただきましたみなさま、長らくお待たせいたしました。

ご予約いただいた方々に順番にお届けしてまいりますが、
手作業で一部一部丁寧に発送作業しておりますので、
お時間をいただきますことあらかじめご了承ください。

また今後とも継続して制作していけるよう、ご寄付にご協力いただければ幸いです。

※地球暦のご予約はHPにて受け付けております。

───────────────────────────────────
次のご案内は、3日後です。
西暦 2013年03月19日(火) 水星と土星の結び
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20130319
───────────────────────────────────

HELIOSTERA http://www.heliostera.com/
Mobile http://www.heliostera.com/mobile/


soranimukatte_23 at 06:41|PermalinkComments(0) 星・占星学