2013年01月

2013年01月27日

きょうの空と富士山(13.01.27)


11:05
130127_113556



11:05
130127_113539



130127_113513



soranimukatte_23 at 11:20|PermalinkComments(0) 空のアルバム 

『知らない』

星野源さんの『知らない』





soranimukatte_23 at 00:00|PermalinkComments(0) music 

2013年01月26日

きょうの空(13.01.26) その2

富士山も見えました♪

15:48
130126_161807



15:59
130126_162954



「絶景くん」には、長方形の”雲”が…。

16:00
kun130126_1600_r

絶景くんの富士山中継(山中湖村)
http://www.vill.yamanakako.yamanashi.jp/zekkei/

soranimukatte_23 at 18:28|PermalinkComments(0) 空のアルバム 

きょうの空(13.01.26)


12:47
130126_131737



12:47
130126_131742



12:48
130126_131800



しばらく静かだった太陽さんですが
昨日からまた変化が見られ、
太陽風の磁場も強まっているようです。

soranimukatte_23 at 13:42|PermalinkComments(0) 空のアルバム 

『BAD D.N.A.』

マーティ・フリードマンさんの『BAD D.N.A.』


soranimukatte_23 at 00:00|PermalinkComments(0) music 

2013年01月25日

夕空と富士山(13.01.25)

ものすごい風が、
空気をきれいにしてくれたようです。

16:50
130125_172026



あらゆるものが平等という思いが、
ますます強くなってる。

人間も動植物などあらゆるモノも
分類して差別するのが、この世界。

神々とか宇宙人とか
霊的に先を進んでいる存在に対して
「自分とは違う」と考えるのは間違いだと思う。

どのような存在にも敬意を払うべきだと思うけど、
過度の崇敬は、ここまで来たら、
道を進む上では障害にしかならないと思う。

今すべきなのは、自分を信頼すること。
自分の足で歩くこと。

soranimukatte_23 at 17:36|PermalinkComments(0) 空のアルバム 

(動画)命の火花を散らし合うダンスバトル

これこそアート。

ここまで自由自在に身体を駆使できるものかと
圧倒されて見入ってしまいました。


Zulu & Maximus vs Comfort & JJ | JUSTE DEBOUT USA | Strife.tv | HIP HOP FINALS | 2013


キャップをかぶっている女性は、
ベッキーさんの妹のジェシカさんだそうです。

ベッキーの美人妹が世界的ダンス大会で優勝 クールなパフォーマンスに注目
http://mdpr.jp/021221844

もう何年前になるでしょうか、
「オーラの泉」にベッキーさんが出演した時の
ジェシカさんの控えめな感じを覚えています。
(当時はお姉さんの活動をサポートしていた?)

あの時とは印象が全然違うのにビックリしましたが、
今はダンサーとして活躍されているのですね。

soranimukatte_23 at 15:16|PermalinkComments(0) 気・波動・霊性 

「不満噴出の年」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」(http://696.kibanamano.net/)より、
2013年01月24日「不満噴出の年」の転載です。
**********
不満噴出の年

節分は年の波動の変わり目の時なり。
節分近きになるにつれ、この年の現象強くなりにけり。
この年、人も世界も不満の噴出に気をつけるべけれ。
世界は元一つ。
その神の教えを人は未だ生かせず。
人同士も、国同士も争いばかりなり。
それぞれがそれぞれの主張にて我を押しつけ合うままなれば、
いつまでも世界平和など望めぬ。
人にも世界にも役割あり。人の欠け、他国の欠けを補い合い、
助け合いてこそ世界は一つとならん。
そを肝に銘じこの年を過ごすがよからん。

**********

soranimukatte_23 at 01:35|PermalinkComments(0) ホツマの神々 

『君をのせて』

沢田研二さんの『君をのせて』



soranimukatte_23 at 00:00|PermalinkComments(0) music 

2013年01月24日

きょうの空(13.01.24) その2

冬至から一ヶ月経って(はやい!)
お日さまの軌道が、だいぶ高くなりました。

そういえば、
冬でも肌がジリジリする強烈だった光が、
いつからか質が変わったのかな?

ずいぶんと柔らかく感じます。

13:57
130124_142715



13:59
130124_142923


soranimukatte_23 at 14:16|PermalinkComments(0) 空のアルバム 

きょうの空(13.01.24)

やさしい光♪

10:42
130124_111217



めずらしく早朝に自然に目が覚めたら、
ちょうど6時31分、
福島県沖で地震があった時だったようです。
そのあと6時34分には、根室で震度4の地震。

宇宙船地球号は、
今日も荒波を超えて航行中なんでしょうか?
http://www.ustream.tv/channel/nied4maps-ii/theater
http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/map/

私たちには、どこを航行してるのかもわからないけど、
誰かが揺れを最小限に抑えてくれてる…気がする。

soranimukatte_23 at 11:05|PermalinkComments(0) 空のアルバム 

『ストリッパー』

沢田研二さんの『ストリッパー』




やっぱりジュリーはカッコいい…♪

30年以上前のヒット曲ですが、
先日、料理をしている時に
突然あたまの中で鳴りだしました。

10代の頃に聞いたいた歌というのは、
不思議に歌詞をちゃんと覚えていましたが、
改めて聞くと、なんだか深遠な歌詞。

透け透けの世界は、もう始まってる。

soranimukatte_23 at 00:00|PermalinkComments(0) music 

2013年01月23日

きょうの空(13.01.23)


16:20
130123_1650



おそらくスギ花粉と
それに付着した汚染物質の影響だと思うのですが、
起きたら目やにがすごくて
左目は起きてからも、しばらくぼやけてました。

この病的な眠気は、
例年のこの時期にはよくあることではありますが、
今年はいつもよりも眠気が強い。
(今日は昨夜から14時間眠ってました…)

強烈な宇宙からの光線は
人類の肉体を変容させているという話もあるので、
そんな影響もあるのかな。

富士山のライブカメラには、
日が出ていない時間に
毎日のように黄色い光が写ってる。

soranimukatte_23 at 19:16|PermalinkComments(0) 空のアルバム 

『リパブリック讃歌』

今日(もう昨日ですね。訂正。)のオバマさんの就任式で、
大統領のスピーチの前に
壇上の合唱団の皆さんが歌っていた曲です。

ジュディ・ガーランドさんが歌う『リパブリック讃歌』



この動画は、
暗殺されたジョン・F・ケネディ大統領を追悼して
ガーランドさんが自身の番組の最終回に
最後の曲として歌ったもののようです。

その彼女も「睡眠薬を誤って多量に飲みすぎ」て
47歳の若さで亡くなっているようです。


Glory! Glory! Hallelujah!
His truth is marching on
栄光よ! 栄光よ! ハレルヤ!
神の正義が 行進して行く

リパブリック讃歌(Battle Hymn of the Republic):世界のうた
http://www.geocities.jp/tsuruhomejp/page026.html

soranimukatte_23 at 00:00|PermalinkComments(0) music | 社会

2013年01月22日

グローリー、グローリー、ハレルヤ♪(オバマ大統領の二期目の就任式)

(1/24 追記)
いま気づいたのですが、
読売新聞が就任演説要旨の記事を掲載してたので、
リンクしておきます。

オバマ大統領、就任演説の要旨 (読売新聞 1/22)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130122-OYT1T01616.htm
(追記終了)
******

昨夜午前1時半からの就任式を
インターネットのライブ中継で見ました。

同時通訳なしで英語はよくわからなかったけど、
全体の雰囲気から、やっぱり何かが確実に変わったようです。

オバマさんの演説は、
建国の精神とか、個人の自由とか尊厳とか、
市民や国家の原点を問いなおすような
上っ面じゃないもので
前回とは違う気迫のようなものを感じました。

演説の前に「あら?」と思ったのが、
壇上で合唱団が歌っていた歌。
グローリー、グローリー、ハレルーヤー♪

日本では、
ごんべさんの あかちゃんが かぜひいたー♪ 
で知られた曲です。

気になったので調べてみると、
やはりアメリカ国民にとっては
それだけでメッセージが伝わるような歌のようです。

この歌に関連する記事はたくさんありました。
参考までに2つリンクします。

リパブリック讃歌の謎 歴史編 19世紀アメリカを知れば見えてくる!(世界の民謡・童謡 WORLDFOLKSONG.COM)
http://www.worldfolksong.com/closeup/battlehymn/history/intro.htm
英雄か、テロリストか・・・ [リポート](音楽は歴史を変える)
http://aramasoukai.blog.so-net.ne.jp/archive/20100214


就任式は通常、任期開始日の20日に行われるのが
今回は日曜日だったため21日に行われたのだそうですが、
1月の第3月曜日は米公民権運動の黒人指導者キング牧師の功績をたたえる祝日で
大統領就任式と重なるのは非常に珍らしいことだそうです。

宣誓式では、
奴隷解放を宣言したリンカーン第16代大統領とキング牧師の
二人が使っていたという2冊の聖書手を置いて
オバマさんが宣誓の言葉を述べていました。


演説に関するニュース記事は、今回は各社バラバラな印象。
下記は、まともだと思った記事のリンク。

オバマ大統領が2期目の就任演説、「われわれの旅は終わらない」(AFP)
http://www.afpbb.com/article/politics/2922444/10146746
「平等の実現」「一つの国家」=米国の前進へ行動を-2期目就任演説・オバマ大統領(時事ドットコム)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201301/2013012200039&g=int
オバマ米大統領が演説、国民に連携呼びかけ(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130122/amr13012207480000-n1.htm
オバマ大統領 2期目の就任式(NHKニュース)
http://nhk.jp/N45f6HDw


スピーチ全文の日本語訳の記事が見つからないけど、
どこかに出てるの見落としてるのか、今回は出てないのか。

(英文のスピーチ全文)
President Obama’s Second Inaugural Address - Washington Wire - WSJ
http://blogs.wsj.com/washwire/2013/01/21/president-obamas-second-inaugural-address/

(機械翻訳)
ここに、配達のために準備されるように、2013年1月21日にバラク・オバマ大統領の第2の就任演説のフルテキストがあります:


バイデン副大統領、最高裁判所長官氏、連邦議会のメンバー、貴賓および同胞:

大統領を開始するために集まるごとに、私たちは憲法の持続力を証明します。私たちは、民主主義の見込みを支持します。私たちは、この国家をともに結び付けるものが皮膚の色、信頼の教義あるいは名前の起源ではないことを思い出します。私たちを例外的に(私たちをアメリカ人にするもの)するものは2世紀以上前になされた宣言で明瞭に表現されて、考えに対する私たちの忠誠です:

対話型のグラフィック:色は時勢までに就任演説につけることができます。あるいは、その就任演説は政治哲学によって駆り立てることができます。比較するべきイメージをクリックする、大統領は、どれくらい頻繁に就任演説の中で選択された言葉を使用しましたか。

「私たちはこれらの真実を自明であると主張します、人はみな作られる、等しい、それらはある譲渡不可能な権利を持った創造者によって賦与される、これらの中のそれはライフである、リバティー、また幸福の追求。」

今日、私たちは時間の現実を備えたそれらの言葉の意味に橋を架けるために永久の旅行を継続します。歴史のために、これらの真実は自明かもしれないがそれらが自動発効ではなかったと私たちに伝える;自由が神からの贈り物である間、それは彼の人々によってこの地球で安全になるに違いありません。1776の愛国者は王の暴政を少数の特権あるいは暴徒の規則に取り替えるために戦いませんでした。それらは私たちに共和国を与えました、政府、の、そしてによって、そして私たちの設立する信条を安全にしておくために各生成を託して、人々のために。

200年間以上、私たちは持っています。

皮ひもによって取られた血液、および剣によって取られた血液によって、私たちは、自由と均等の法則に基づいて作られた結合が奴隷の半分から残存することができないことを知りました、そして半分自由。私たちは私たち自身に新たになり、ともに前進することを誓いました。

ともに、私たちは、現代の経済が旅行と通商を促進することを鉄道とハイウェーに要求することを決めました;私たちの労働者を訓練する学校および大学。

ともに、私たちは、競争とフェアプレーを保証する規則がある場合のみ自由市場が繁栄することを発見しました。

ともに、私たちは、大国が脆弱なものを世話しなければならず生命の最悪の危険および不運からその人々を保護しなければならない、と決心しました。

一貫して、私たちは、中央権力の懐疑を放棄したことがありません、および、持っている、私たちは、すべての社会の悪が直される場合があるフィクションに負けました、政府だけ。イニシアチブと企業の私たちの祝賀;大変な仕事に対する私たちの主張および個人的責任は私たちの性格中の定数です。

しかし、私たちは常に次のことを理解しました、いつ、回変更、したがって、するに違いない、私たち;私たちが法則を裏付けることに対するその忠実さは、新しい挑戦に対する新しい反応を要求します;私たちの個人の自由を保存するそれは結局集団行動を必要とします。アメリカ人のために、できる、ない、アメリカの兵士が小銃と市民軍を備えた、ファシズムあるいは共産主義のその力に遭遇するかもしれなかったより、単独で行動することにより、もっと今日の世界の要求を満たします。単一の人は、将来は子どもたちに装備をするかあるいは道を建造するために、私たちが必要としネットワークにつなぐすべての数学と科学の教師、および新しい仕事およびビジネスを私たちの土地へ持って来る研究所を訓練することができません。さて、今まで以上に、私たちは1つの国家および1人として、これらの物事をともにしなければなりません。

アメリカ人のこの世代は、私たちの決心を堅くし、私たちの回復力を証明した危機によってテストされました。戦争の10年間は今終了しています。景気回復は始まりました。アメリカの可能性は無限です。というのは、私たちは、境界のないこの世界が要求する特質をすべて所有するからです:若さと駆動;多様性と開放;危険に対する無限の能力および再発明用の贈り物。私のアメリカ人同僚の、私たちはこの瞬間の間作られます。また、私たちはそれをとらえるでしょう-私たちがそれをともにとらえる限り。

のために、私たち、人々は、我が国が成功することができないと理解します、いつ、1つの、ほとんど縮まないこと、非常にうまくやる、そして1つの、多数かろうじて育てること、それを作ります。私たちは、増加する中流階級の広い肩にアメリカの繁栄が基づくに違いないと信じます。私たちは、すべての人が独立およびそれらの仕事での誇りを見つけることができる場合アメリカが成功することを知っています;正直な労働の賃金が困難の瀬戸際から家族を解放する場合。アメリカ人であるので、誰か他の人として成功する同じ機会を得ていることを最も寒々とした欠乏へ生まれた小さな少女が知っている場合、私たちは信条に忠実です。彼女は暇です。また、彼女は神の目の中にだけでなく私達のものの中に等しい。

私たちは、長持ちしたプログラムが時間の必要に不適切であると理解します。私たちは新しい考え、および私たちの政府を再製し、私たちの税法を改造し、私たちの学校を改良し、それらがより熱心に動かす必要のある技術を持った私たちの市民に力を与える技術を利用し、もっと学習し、より高く達しなければなりません。しかし、手段は変わっているかもしれませんが、私たちの目的は次のものを持続させます:すべてのあらゆるアメリカ人の努力および決定に報いる国家。それはこの瞬間が要求するものです。それは私たちの信条に実際の意味を与えるものです。

私たち、人々は、まだすべての市民がセキュリティと尊厳の基礎的な法案に相当すると信じます。私たちは、ヘルスケアのコストおよび私たちの赤字のサイズを下げる、固い選択を行なわなければなりません。しかし、私たちは、この国を確立した世代を世話することとその将来を構築する世代に投資することのどちらかを、アメリカが選ばなければならないという確信を拒絶します。なぜなら晩年が貧困で費やされた時、私たちは過去のレッスンを思い出すからです。また、不能を持った子どもの親には、回さないべきところもありませんでした。私たちは、この国では、自由が幸運なもの、あるいは少数用幸福のために取っておかれると信じません。私たちは、私たちがどれほど責任を持って生活を送っても、いつでも、私たちのうちのどんな1人も失業、急病、あるいは暴風雨の中で押し流されたホームに面するかもしれないことを認識します。互い(メディケアとメディケイドによる、また社会保障)に私たちがする約束 これらのものは私たちのイニシアチブを衰弱させません;それらは私たちを強くします。それらは私たちを取る人の国家にしません;それらは、この国を偉大にする危険を冒すために私たちを解放します。

アメリカ人が私たち自身にだけでなくすべての子孫にいるように、私たち、人々はまだそれを義務と考えます。私たちはそうしないことが私たちの子どもたちと将来世代を裏切るであろうことを知って、気候変化の脅威に応答するでしょう。まだ科学の圧倒的な判断を否定する人もいます。しかし、どれも、猛威をふるう火および害の大きい干ばつの壊滅的なインパクトおよびより強力な嵐を回避することができません。持続可能なエネルギー源へのパスは、長く、時に困難になります。しかし、アメリカはこの推移に抵抗することができません;私たちはそれをリードしなければなりません。私たちは、他の国家に新しい仕事および新産業に動力を供給する技術を譲ることができません。私たちはその約束を要求しなければなりません。そのようにして、私たちは経済的活力と国宝を維持するでしょう - 森林と水路;私たちの耕地および雪をいただいているピーク。そのようにして、私たちは神によって注意に命じられて、惑星を保存するでしょう。それは私たちの父親が以前宣言した信条に意味を貸すものです。

私たち、人々は、まだセキュリティを持続させることおよび永続する平和が永続する戦争を要求しないと信じます。私たちの勇敢な男性、および戦いの炎によって調節された制服の女性は、技術と勇気において無比です。私たちが失ったものの記憶によって枯らされた私たちの市民は、自由に支払われる価格をよく知りすぎています。それらの犠牲についての知識は私たちを私たちに害をもたらす人々を永久に油断なく見張っているようにしておくでしょう。しかし、さらに、私たちは、戦争(この人は宣誓した敵を友達の中で最も確かなものに変えた)だけでなく平和を勝ち取った人々の相続人です。また、私たちはこの時へ同様にそれらのレッスンを運ばなければなりません。

私たちは人々を擁護し、武器の強さおよび法の支配によって値を支持するでしょう。私たちは、他の国家との私たちの違いを解消しようと勇気が平穏に努めることを示すでしょう-私たちが直面する危険に関して素朴であるからではなく、約束がより永続的に疑いと恐れを上げる場合があるので。アメリカは、地球の隅々の中の強い同盟のアンカーのままでしょう;また、私たちは、危機を外国へ管理するキャパシティーを拡張する機関を更新するでしょう。というのは、誰も平和な世界においてその最も強力な国家より大きな利害関係を持たないからです。私たちはアジアからアフリカへ民主主義を支援するでしょう;南北アメリカから中東へ、私たちの関心と私たちの良心がそれらを代表して作用することを私たちに強いるので、誰、自由には長いまた、私たちは貧困層への希望の源であるに違いありません、病気、社会から疎外された、偏見の犠牲者-単なるチャリティーからではなく私たちの時代の平和が私たちの共通の信条が記述する法則の一定の進歩を要求するので:寛容と機会;人間の尊厳および公正。

私たち、人々は、真実(私たちがすべてそうであることは同等のものを作成しました)の中で最も明白な人が私たちをまだガイドする星であると今日宣言します;そして、ちょうどそれがセネカフォールズを通る私たちの先祖およびセルマをガイドしたので、引き延ばし戦術をとってください;ちょうどそれがそれらの男性および女性をすべてガイドしたとともに、歌われ歌われない、この人は説教者が、私たちが1人で歩くことができないと言うのを聞くためにこの大きなモールに沿って足跡を残した;キングが私たちの個人の自由がすべての魂の自由に解決できないほどに地球で結び付けられることを宣言するのを聞くこと。

それは今それらの開拓者が始めたものを続ける私たちの世代のタスクです。私たちの旅行のために、私たちの妻、私たちの母親および娘まで完全でない、得ることができる、1つの、それらの努力と等しく生きていること私たちのゲイの兄弟姉妹が法律の下の誰か他の人のように扱われるまで、私たちの旅行は完了していません-のために、確かに、私たちが本当に作成された同等のものならば、私たちが互いに委託する愛は同様に等しいに違いありません。市民が投票する権利を行使するために何時間も待つことは強いられないまで、私たちの旅行は完了していません。私たちがアメリカを機会の土地とまだ見なす、努力し有望な移民を歓迎するために改善策を見つけるまで、私たちの旅行は完了していません;明るいまで、我が国から出されたのではなく、若い学生およびエンジニアは私たちの労働力に得られます。私たちの旅行は、ニュータウンの静かなレーンへのデトロイトの通りからアパラチアの丘へ私たちのすべての子どもたちまで完了していません、それらが注意され大事にされることを知っている、そして害から常に安全。

それは私たちの世代のタスクです-これらの言葉をするために、これらの権利、これらの値-ライフとリバティーの、また幸福(すべてのアメリカ人のために実際)の追求。私たちがドキュメントを設立することに忠実であることは、生命のすべての輪郭に一致することは私たちに要求しません;それは、私たちがすべて正確に同じ方法の中で自由を定義するだろうか幸福への同じ正確なパスに従うだろうということを意味しません。プログレスは、すべての時に政府の役割に関する世紀長い討論を解決することは私たちに強いません。しかし、それは、私たちの時代に作用することを私たちに要求します。

今のところ、決定は私たちであります。また、私たちは遅れの余裕がありません。私たちは専制主義を原理と誤らないか代用品光景を政治と誤ることができるか、理路整然とした討論として罵詈を扱うことができません。私たちは私たちの仕事が不完全になることを知って行動しなければなりません。私たちは、今日の勝利が単に部分的になり、予備のフィラデルフィア・ホールで私たちに以前与えられた永遠の精神を進めることが、4年40年でここで立っている人々および400年の従って責任だろうことを知って行動しなければなりません。

私のアメリカ人同僚の、宣言、私はあなたの前で誓ったことがある、今日、一つのように、他のものによって暗唱された、このキャピトルで貢献する、神と国への宣言だった、ない、パーティーあるいは党派-また私たちは誠実にそれを実行しなければならない、私たちのサービスの期間に誓約します。しかし、私が今日話した言葉は、兵士が義務の手続きをするごとに得られる宣言とはそれほど異なりません。あるいは、移民は彼女の夢を実現します。私の宣言は、上に揺れて、私たちの心を誇りで満たすフラグに私たちがみなする誓約とはそれほど異なりません。

それらは市民の言葉です。また、それらは私たちの最も大きな希望を表わします。

あなたと私には、市民として、この国のコースをセットする力があります。

あなたと私には、市民として、私たちの時間の討論を形作る義務があります。声で、投票で、投げるだけでなく、私たちはほとんどの古代の値および持続する理想を弁護して上がります。

厳粛な義務および威厳のある喜びで、私たち各自に今私たちの永続する生得権であるものを包含させてください。情熱と献身と共に、共通の努力および共通の目的で、私たちに歴史の呼び出しに答えさせ、不確かな将来へ自由のその貴重な光を運ぶ。

ありがとう、神、あなたを祝福し、だろう、彼、永久にこれらのアメリカ合衆国を祝福します。


soranimukatte_23 at 17:59|PermalinkComments(0) 社会