2012年08月

2012年08月31日

きょうの夕空(12.08.31)


今夜は満月です(22時58分)。

17:46
120831_181448



一昨日の夜から気になってるのですが、
水道水の水温が高くなってる気がします。

いつもなら、しばらく流してうちに
それなりに冷たくなってくるのが、
いつまでたっても、ぬるいまま。

立秋前のずっと猛暑が続いていた時でも
こんなふうに感じたことは無かったんだけど。

地中の温度が上がってる?

soranimukatte_23 at 20:25|PermalinkComments(0) 空のアルバム 

きょうの空(12.08.31)


異常な眠気におそわれていて、
12時間くらい眠ってしまいました(^^;

17:23
120831_175006



昨日から、
また太陽フレアが発生しているようです。

http://swnews.jp/(宇宙天気ニュース)

soranimukatte_23 at 17:31|PermalinkComments(0) 空のアルバム 

宇宙はブラックホールだらけだった!

【宇宙ヤバイ】NASAの観測で宇宙は「ブラックホール」だらけであることが判明!
新たに数百万個発見だぞッ!! (ロケットニュース24 8/31)
http://rocketnews24.com/2012/08/31/244717/

この記事によると、NASAの広域赤外線探査衛星(WISE)が、

「これまで観測されたもっとも明るい銀河よりも1000倍明るい銀河と、
250万にもおよぶブラックホールの存在を明かした」そうです。

「その銀河は、実に太陽の100兆倍の輝きを持つもの」で、
「発見された銀河の近くには、超巨大質量のブラックホールがある」とのこと。


(黄色い丸で囲まれている場所がブラックホール)


ブラックホールに吸い込まれると、
その向こう側は「この世界ではない」ところだと言われています。

事象の地平線(宇宙百科事典Weblio辞書)
ブラックホールの構造は、基本的にはすべて同じで、中心にあるきわめて重い天体(「特異点」)の周りを、不思議な輪のようなものが取り囲んでいます。この輪の内側は完全に外の世界と分離しており、いったんこの輪の中に入ると2度と外に出ることはできません。「地平線の向こうで起こっている出来事は知ることができない」の意を込めて、この輪のことを「事象の地平線」と呼ぶようになったのです。


天の川銀河の中心部に巨大ブラックホールの「種」を発見(国立天文台 7/20)
http://www.nao.ac.jp/news/science/2012/20120720-aste.html
ブラックホールの証=事象の地平が存在する強い証拠が得られる(アストロアーツ 2001年1月21日)
http://www.astroarts.co.jp/news/2001/01/12blackhole/index-j.shtml


soranimukatte_23 at 17:09|PermalinkComments(0) 星・占星学 

「お迎え」と看取り


一昨日のNHKの「クローズアップ現代」は、
天国からの「お迎え」現象と看取りがテーマでした。

天国からの「お迎え」に関する本格的な学術調査で、
在宅医療を利用した患者さんの家族500人以上にアンケートを行って、
4割が「お迎え」現象があったと回答したそうです。

そして、亡くなる前に「お迎え」を見た人の9割が、
穏やかな死を迎えていたということでした。

「お迎え」に来るのは先立った身内や友人などが多く、
犬や猫などペットを見たという人も結構いたそうです。

4割もの人が「お迎え」の体験をしているというのは、
自宅で家族に囲まれて最後を過ごしているという
安心できる環境と関係あるのではないかということでした。

そのような穏やかに人生の最期を迎えられる
看取りの環境の見直しも必要だという話もありました。

天国からの“お迎え” ~穏やかな看取り(みとり)とは~
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3238_all.html


実は私は昨年、脳梗塞だった父を自宅で看取りましたが、
思っていたより特別なことでも難しいことでもなかったです。

余計な医療などに邪魔されずに自然な最期を迎えられたことは、
本人にも家族にも幸運なことだったと思います。

本人が自宅で死ぬことを希望していて
家族にそれを受け入れる余裕と覚悟があるなら、
そういう選択をしてみると良いと思います。

想像すると不安なことがいっぱいあるかもしれないけれど、
いったん覚悟を決めて日々「いま」に生きていると
いざ何か起こっても、不思議にどうにかなりました。
いろんな人に助けられながら。

父が「お迎え」体験をしたかどうかはわかりませんが、
逝く前日に、笑いながら「あと一日」と言っていました。

まさか明日そんなことになるとは思えなかったので
私は笑って聞き流してしまったのですが、
どうして「わかった」のか聞いとけばよかった…(^^;

soranimukatte_23 at 15:42|PermalinkComments(2) 気・波動・霊性 

【惑星通信】08月31日号 文月の満月 二百十日

「地球暦 惑星通信 08月31日号」の転載です。
太陽系時空間地図 地球暦

惑星通信

西暦 2012年08月31日(金)
旧暦 平成24年 7番目の月 / 文月 十四夜

「秋になり、海王星と結ぶ、地球、火・木開きと、Tスクエア」


太陽を中心とした各惑星の本日9時の値
水星 113°42 金星 32°05 地球 337°59 火星 248°53 木星 62°58
土星 210°34 天王星 6°13 海王星 331°46 冥王星 278°38


───────────────────────────────────

【今日の惑星配置】西暦 2012年08月31日(金)
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20120831

───────────────────────────────────

おはようございます。
この度、地球は円盤の337°、太陽黄経で157°を運行中です。
本日は「秋」の25日目、半期の折り返しにあたる、「秋分」まであと22日となりました。

───────────────────────────────────
【旧七月 / 初秋】 7th Full Moon / The Expectant Autumn
今日は、文月(ふみづき)の「満月」です。
月との距離 : 38万3075km(平均38万4400km)
───────────────────────────────────

地球暦が朔弦望の一つ、“文月の望”をお知らせします。

旧暦の文月の新月から十四日目。月が満ち、今年で七番目の満月を迎えました。

満月の時は、西の空に太陽が沈むと、東から月が昇るという関係になっていま
す。太陽と月の関係が、地球を中心にシーソーのように180度に開き、互いの
関係が最も強調された時です。
地球にとって、昼の方向の太陽と、夜の方向の月が、一線に重なる状態は、潮
の満ち引きをはじめ、心の変化や体の代謝も活発になり、一ヶ月の中で最もエ
ネルギッシュな時です。

この月は和名で「文月」と呼び、稲穂が出る穂見月(ほみづき)、または稲が
穂を含む月(ふくみづき)であり、稲作の実りとともに、生活の中でも一年の
結果がではじめる月です。

秋の始まり、初秋の満月です。

───────────────────────────────────
七番目の月、文月(ふみづき)の和風月名
───────────────────────────────────
冷月(れいげつ)・早秋(そうしゅう)・七夕月(たなばたづき)・女郎花月
(おみなえしづき)・欄月(らんげつ)・七夜月(ななよづき)

─────────────────────────────────── 
二百十日[にひゃくとおか] Season of typhoon
───────────────────────────────────

地球暦が二十四節気および雑節の一つ、二百十日をお知らせします。
二十四節気は、一年の円を15度ずつに分割した節目ですが、それとは別に、季
節の変化に合わせて設けられた「雑節(ざっせつ)」の一つに二百十日があります。

立春から八十八夜が88日数えるように、210日目にあたるこの雑節は、
江戸時代に有名な暦師 渋川春海が漁師の言葉にヒントを得て付け加えたもので、
海洋の温度が上がることから、大気がダイナミックに動き、台風などが例年頻繁に
起こる時期を表したものです。
統計的にも、210日目から220日目の、今日から10日間が大きな台風が多く、
各地で風神や雷神をお祭りする祭りが盛んになります。
陽気の波がピークを過ぎて、一番力を持ち、一年を通して最もパワフルな時です。
今日は取り組んでいる物事を、思い切りよく勢いをつけていきましょう。

───────────────────────────────────
次のご案内は、7日後です。
西暦 2012年09月07日(金) 165°白露 水星と海王星の開き
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20120907
───────────────────────────────────
二十四節気の中の『白露』は秋分まであと15度という地点です。
一年を一日に例えた時の夕暮れ時にあたり、上半期も終わりに近づいてきました。

HELIOSTERA http://www.heliostera.com/
Mobile http://www.heliostera.com/mobile/


soranimukatte_23 at 15:06|PermalinkComments(0) 星・占星学 

「魂の掃除」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より
2012年08月30日「魂の掃除」の転載です。
**********
魂の掃除

天は荒れ狂い嵐や雷、地は揺れ、海も荒ぶり、天と地・火水にて神はこの世の立て替えのことを知らされんとす。
小さな渦からはじまり、今やその渦は大きく広がらんとす。
早くに気付いてほしいと願われし神の願いは人に届かず。
なれど今一度伝えん。
この世の大掃除は人間の魂の掃除でもありなん。
そのこと気づきて努める姿こそ神・宇宙は見ておわす。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 00:56|PermalinkComments(0) ホツマの神々 

『Reach For The Stars』

火星から、初めて音楽放送されたという
ウィル・アイ・アムさんの『Reach For The Stars』。




実は科学オタク!? ウィル・アイ・アムの新曲が火星から放送!?(エキサイトニュース 8/29)
http://www.excite.co.jp/News/music/20120829/Nmn_catalog_120829082248_1.html
火星から初の音楽放送、若い世代に科学への関心を NASA(AFP=時事 - Y!ニュース 8/29)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120829-00000017-jij_afp-int



*******
火星(記号は ♂ )

占星学的な象意
パワー、攻撃、戦争、火、科学技術、権威、勇気、識別力、エゴ etc.
(代表的なものの一部)

もともと地球人の祖先は火星から来たとか、
人類の火星への移住は何十年も前から進められていたとか、
人類の行く末が3つに分かれている内の1つが火星行きだとか、
いろんな話があるけれど
本当のところ、どうなんだろう…?

NASAが公表する火星の写真が、
最近まで、赤っぽく荒れてるようなイメージに修正されてたというのは
本当のようだけど。
地球と似た環境だということを隠しておきたかったのかな。


soranimukatte_23 at 00:00|PermalinkComments(0) music 

2012年08月30日

「命は一度にあらず」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より
2012年08月29日「命は一度にあらず」の転載です。
**********
命は一度にあらず

人はなぜ魂を穢したるや。
母なる大地を穢してまで必要な物とはなんぞや。
人は死しても魂は消えぬ。
人は死すれば終わり、今がよければ良しと思う者も肉体失いて魂のみになりたる時、はじめてそのことを認め後悔せん。
命は一度にあらず。今の行いが次の世に繋がりゆくと思う心あらば、自ずから魂は磨かれん。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 21:53|PermalinkComments(0) ホツマの神々 

きょうの空(12.08.30)

今朝は空気がかなりよどんでいました。
ケムトレイルも撒かれてたのかも。

県内の「大気速報値」を見ると、
地域によっては相当数値が上がってます。
http://www.k-erc.pref.kanagawa.jp/taiki/frtipk.htm

あまりに空気がよどんでいて悲しかったので、
さっき空を見上げてから目をつぶって
真っ青な空と白い雲を思い描いたりしてみました。


13:56
120830_142450





soranimukatte_23 at 14:25|PermalinkComments(0) 空のアルバム 

【惑星通信】08月30日号 金星と土星の開き

「地球暦 惑星通信 08月30日号」の転載です。
太陽系時空間地図 地球暦

惑星通信

西暦 2012年08月30日(木)
旧暦 平成24年 7番目の月 / 文月 十三夜

「秋になり、海王星と結ぶ、地球、火・木開きと、Tスクエア」


太陽を中心とした各惑星の本日9時の値
水星 107°40 金星 30°29 地球 337°01 火星 248°21 木星 62°52
土星 210°32 天王星 6°13 海王星 331°46 冥王星 278°37


───────────────────────────────────

【今日の惑星配置】西暦 2012年08月30日(木)
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20120830

───────────────────────────────────

おはようございます。
この度、地球は円盤の337°、太陽黄経で157°を運行中です。
本日は「秋」の24日目、半期の折り返しにあたる、「秋分」まであと23日となりました。

───────────────────────────────────
Opposition of Venus & Saturn【229.5日周期】
今日は、“金星と土星の開き” の日です。
次の“結び”は 2012年12月22日 です。
───────────────────────────────────

地球暦が惑星会合の一つ、“金星と土星の開き”を、お知らせします。

今日は第2軌道の金星と、第6軌道の土星が、
目出度く 30°と210°の双方向で、太陽を挟んで“開き”となりました。

金星は1周ごと(225日)、土星とめぐりあい、土星の1周(29.53年)の間
では、ちょうど47回会合します。
金星が1周するたび、土星は7°ほど進みます。

今回の“開き”が、次回“結び”になるのは、冬至の1日後の12月22日 です。
その時、水星-金星-土星の3惑星が結びとなり、地球、海王星との角度差が
120度に近く、三角形になります。

───────────────────────────────────
Planetary Alignment No.12 Venus & Saturn[229.5days cycle]
─────────────────────────────────── 

2012年05月06日 金星と土星の結び 前回
2012年08月30日 金星と土星の開き 今回

2012年12月22日 金星と土星の結び 次回
2013年04月16日 金星と土星の開き

2013年08月08日 金星と土星の結び
2013年12月01日 金星と土星の開き

───────────────────────────────────
次のご案内は、明日です。
西暦 2012年08月31日(金) 文月の満月 二百十日
http://www.heliostera.com/ephemeris.php?date=20120831
───────────────────────────────────
文月が満月を迎えました。秋のはじまり月です。

HELIOSTERA http://www.heliostera.com/
Mobile http://www.heliostera.com/mobile/


soranimukatte_23 at 11:02|PermalinkComments(0) 星・占星学 

『resurrection』

石橋英子さんの『resurrection』


soranimukatte_23 at 00:00|PermalinkComments(0) music 

2012年08月29日

笑顔の太陽さん その2

向きが変わったけど、やっぱり笑ってる?(・∀・)

latest_1024_0335


SDO | Solar Dynamics Observatory(NASA)
http://sdo.gsfc.nasa.gov/

soranimukatte_23 at 22:45|PermalinkComments(0) 星・占星学 

きょうの夕空(12.08.29)


17:03
120829_173147



17:23
120829_175052


soranimukatte_23 at 17:37|PermalinkComments(0) 空のアルバム 

きょうの空(12.08.29)


空気が清浄でないし、
なんとなく穏やかでない雰囲気を感じます。

あと、眠くて仕方ない。

12:40
120829_130824




富士山上空の雲。

12:40
1240

「絶景ちゃん」より
http://www.vill.yamanakako.yamanashi.jp/zekkei-chan/

soranimukatte_23 at 13:24|PermalinkComments(0) 空のアルバム 

「我の強さ」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より
2012年08月28日「我の強さ」の転載です。
**********
我の強さ

人は生きる以上悩みあり。
なれど悩みの多くは己の我より発するものなり。
我正しきと考え、他者の考え認めず、己の考えの通りに他者動かねば心乱さるる。
神は人が成長せんがため我も欲も与えらるるなれど、あまりに我欲に支配されるは魂穢すこととなりにけり。
己の我の強さに気付きし者は幸せなり。
己の我の強きを教えてくれる人あらば感謝するがよからん。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 00:03|PermalinkComments(0) ホツマの神々