2010年12月

2010年12月31日

よいお年を(^^)

平成22年も今日で終わり。
今年も一年間ありがとうございました。

個人的には、「静」の前半、「動」の後半で、
あっという間に駆け抜けたという感じです。

今年学んだことといえば、
「学科」も「実習」も必要ということでしょうか。

それから、
誰にとっても救世主は自分、
自分以外に自分を救うものはない、ということ。

平成23年は、より変化の激しい年になるのでしょうか。

敵も味方も内にあり。
新しい年も自分を信じて乗り切りましょう。


soranimukatte_23 at 19:33|Permalink 雑記 

2010年12月30日

最近の気になった記事

前大統領、性犯罪で有罪=イスラエル(時事ドットコム 12/30)
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&rel=j7&k=2010123000466

すし職人ら世界めぐりの旅、海外すし店に衛生面を指導へ(AFP 12/30)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2780918/6616020

ヤマアカガエル産卵 ビオトープで確認(紀伊民報 12/29)
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=203060

15年間で彗星2000個発見=欧米の太陽観測衛星(時事ドットコム 12/30)
http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=soc_30&k=2010123000442

「重爆撃期」の衝突証拠=月からの隕石で初発見-生命起源研究貢献期待・東北大など(時事ドットコム 12/29)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2010122900334



soranimukatte_23 at 22:47|Permalink 社会 

2010年12月29日

きょうの空(10.12.29)

15:57
1012290016.JPG


soranimukatte_23 at 16:24|Permalink 空のアルバム 2010 

2010年12月28日

きょうの空(10.12.28)

12:58
1012280004.JPG


soranimukatte_23 at 17:01|Permalink 空のアルバム 2010 

最近の気になった記事

児童ポルノ規制強化「批判されても対策を」 村井宮城県知事(河北新報 12/28)
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/12/20101228t11022.htm

子宮頸がんワクチンで副作用、失神多発(読売新聞 12/28)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20101227-OYT1T01223.htm
子宮頸がんワクチン 集団接種を来年中止 大田原市、個別接種に 栃木(産経新聞 12/23)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101223-00000052-san-l09

録画補償金めぐり東芝勝訴=徴収義務「強制力ない」-デジタル専用機訴訟・東京地裁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101227-00000059-jij-soci

正体はやっぱり富士山の噴出物、県が黒い粉じんの分析結果を発表/神奈川(神奈川新聞 12/27)
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1012270023/

火星探査車オポチュニティがとらえた、赤い惑星の青い太陽(アストロアーツ 12/27)
http://www.astroarts.co.jp/news/2010/12/27martian_sunset/index-j.shtml


soranimukatte_23 at 12:32|Permalink 社会 

2010年12月27日

最近の気になった記事

浜を照らす神秘の「光柱」 大船渡に出現(岩手日報 12/27)
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20101227_P
晴明神社、五芒星輝く門が遠隔操作で開閉(京都新聞 12/27)
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20101227000053

市議会リコール、住民投票確実に=有効署名、法定数超え-阿久根市(時事ドットコム 12/26)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010122600146
小沢一郎氏に対する不当な人権侵害を糾弾する(植草一秀の『知られざる真実』12/27)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-3739.html
民主党よ、“身内”の小沢より竹中喚問だろう!(日刊ゲンダイ 12/25)
http://www.gendai.net/articles/view/syakai/128109

再び沖縄で遺骨収集(野口健公式ぶろぐ 12/26)
http://blog.livedoor.jp/fuji8776/archives/51987822.html

仏紙ルモンドの「今年の人」はウィキリークスのアサンジ氏(AFP 12/27)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2780732/6614150

すばる望遠鏡、大きく傾いた軌道を持つ惑星系を次々に発見(すばる望遠鏡 12/20)
http://www.naoj.org/Pressrelease/2010/12/20/j_index.html



soranimukatte_23 at 18:42|Permalink 社会 

「風になる」

つじあやのさんの「風になる」





soranimukatte_23 at 15:08|Permalink music 

きょうの空(10.12.27)

13:06
1012270003.JPG


soranimukatte_23 at 14:11|Permalink 空のアルバム 2010 

2010年12月26日

「禊ぎて福を得よ」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2010年12月26日の「禊ぎて福を得よ」を以下に転載させていただきます。
**********
禊ぎて福を得よ



年の瀬を迎え慌ただしき時なれど、この1年、良き年にあらずと思う者ほど、家は隅から隅まで丁寧に掃除し、よざるものを捨て去るがよし。

物は使用せぬなれば、その生命生かせず。

物は大切にせねばならぬ。要らぬ物は家に持ち込むなかれ。

真に必要な物を大切に使い生かし、役割終え寿命尽きたる物は速やかに処分するがよからん。

家の中からよざる物一つ一つ消える度に身も心も軽くなりゆく。

風通しを良くし、正月は正月らしき花を飾り、正月らしき食を頂きて新しき年を迎えるがよからん。

家を整えてこそ、清き魂と和の心は養われん。

来る年、人々の清き心と努力は報わるるなれば、1年の垢、穢れを全て祓いて新年を祝うがよからん。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 21:47|Permalink ホツマの神々 2010 

2010年12月25日

寝顔

1012230004.JPG


明日も良い日でありますように。



soranimukatte_23 at 22:25|Permalink 写真館 2010 | ゴン・老犬介護

クリスマス

子どもの頃の一時期に
聖書や教会と縁があったこともあり、
クリスマスは神聖な日と感じていました。

でも、それも過去のこと。

今年のクリスマスは、
冬至から3日目ということ以外に
特別な意味が感じられません。

昨日の森田玄さんのブログの記事で
イエス・キリストに関するマシューブックからの抜粋を読んだら、
妙に納得してしまいました。

イエス・キリスト(玄のリモ農園ダイアリー 12/24)
http://moritagen.blogspot.com/2010/12/blog-post_24.html


私が通っていた教会はプロテスタントだったので、
カトリックの総本山バチカンの教義のいくつかを
大人になってから知りましたが、
中でも不可解でどうしても理解できなかったのが
「聖母被昇天」というもの。

やはりこれも何らかの意図のあるでっち上げだった
というのが真相なら、合点がいきます。


soranimukatte_23 at 17:53|Permalink 雑記 

「このメルマガへの寄稿を中断するにあたって」

下の記事は、「ベーシックインカム・実現を探る会 
BIメールニュース イベント告知号No.037  2010.12.25発行」からの転載です。

───────────────────────────────────

【2】このメルマガへの寄稿を中断するにあたって        関 曠野

───────────────────────────────────



 このほど私はベーシック・インカムについては当分語らないとに決め、このメル

マガへの寄稿も中断することにした。これまで連載に付き合って下さった読者諸兄

姉に感謝したい。中断の理由は、今の世界恐慌がさらに深刻化し、政府通貨による

基礎所得保証という政策が抽象的理論的可能性ではなく、実際的で切実に必要なも

のとして世に認知される状況を待ちたいということである。そしてこの政策の実現

に対する唯一にして最大の障害である議会制と政党政治に対し人々が完全に幻滅す

るまでは、余計なことは言わないということである。



 日本でも海外でもBIはやはり福祉国家論の延長線上で論じられていることが多い

ように見える。そこから福祉と同じく所得税や消費税などによる税収がBIの財源と

される。こういう立場は現代の租税国家が恐慌にも関わらず今後とも存続可能であ

ることを前提にしている。だが私からみると、我々が目下直面しているのはこの租

税国家自体の解体の危機なのである。



 では近代の租税国家とは何か。この国家は絶えざる経済成長を前提にして設計さ

れた国家である。国家は市民から強制的に徴税するが、税収は経済発展の条件を整

備するために使われるので、経済成長が市民の福利や福祉をさらに充実させること

になり結局徴税は市民にとってプラスになるという理屈で税制は正当化される。も

し国家予算に比して税収が不足した場合には国家は銀行に国債を買ってもらって赤

字を補填するが、これは臨時的例外的な措置であり、もちろん将来の経済成長を前

提にしなければ国債の発行はできない。国や自治体が私企業のように事業の拡大を

目指してなどいないのに銀行に借金して利子を払うのはおかしいだろう。だから国

債の発行は財政上の一時的な困難に対処するためのあくまで臨時的例外的な措置な

のである。



 ところが1970年代以降の経済の低成長の中で先進諸国では国債による財政赤

字の補填が常態になってしまった。成長を前提にした国家体制から転換できなかっ

たからである。そのうえ90年代のバブル崩壊後の日本などは愚かにも国家主導の

経済成長を意図して土建型公共事業バラマキ財政をやったため国家の銀行に対する

負債は爆発的に増大した。これは自民党が成長型国家を維持するため、そしてバブ

ル破裂で破産状態になった大手銀行を救済するための政策だったと言える。



 そして負債に喘ぐ先進諸国の租税国家に対する止めの一撃となったのが、リーマ

ン・ショックを契機にした銀行マネーの世界的な崩壊である。各国の政治家は銀行

の利子経済の崩壊は経済そのものの崩壊を意味すると思い込み、国民の公金で事実

上すでに破産しているゾンビ銀行を支えようとした。その結果銀行の危機と国家の

危機は完全に一体化してしまった。今や各国の政府は銀行のエージェントにすぎな

い。例えばEUが財政的に破綻したギリシャやアイルランドに対して行った支援なる

ものは、両国の国民のためのものでなく、両国に貸し込んでいる独仏その他の大手

銀行を助けるためのもので、この支援の結果両国の国民は孫の代まで銀行の債務奴

隷として生き働くことになる。そして両国の政府がEUの大手銀行を債権者として納

得させるために打ち出した過酷な増税や緊縮財政は経済をさらに冷え込ませる。し

かもギリシャとアイルランドから搾り取ったマネーは結局ゾンビ銀行を立て直すこ

とはできない。70年代以来の低成長に代わって今は金融資本の破綻から生じた底

知れないブラック・ホールがあるのだ。



 いずれ国の税収のすべてが国債を買った銀行への利払いに充てられる日が来れば、

そこで議会制民主主義は終焉することになる。国家予算というものは無くなり、国

家はもう市民に何のサービスもせず、銀行への上納金を市民から取り立てることだ

けがその役割になる。もちろんこの極限状態に到る以前に租税国家は解体し始める

し、現に解体しつつある。





 では税金とは一体何なのか。現代経済は銀行マネーで動いており、銀行は私企業

としての利益しか眼中にないので、その融資が社会にどんな影響を及ぼそうがお構

いなしである。これでは社会は大混乱に陥るので、公共性を名分に掲げ社会を多少

とも安定させることで銀行マネーの支配を補完する副次的な通貨流通のシステムが

必要になる。これが租税なのである。だから順調な経済成長で銀行マネーが安泰な

時期には福祉国家が拡大するが、銀行マネーが揺らげば福祉や社会保障どころでは

ないことになる。そして租税国家は銀行マネーのサブシステムである以上、破産し

た銀行の救済に税金が投入されるのはある意味で”当然”なのである。



 それゆえに租税国家の危機を打開するためには、銀行マネーに代わる通貨体制を

構築するしかない。増税や緊縮財政はこの国家の自滅を促進するだけである。そし

て利子付き負債としてのマネーに取って代わるのは、政府が公共の福利のために国

民経済計算上の客観的根拠に基づいて無利子で発行する政府通貨である。連載で述

べたように、これについては、日本とドイツが政府通貨によって30年代大恐慌か

ら速やかに脱却できたという歴史的先例がある。 



 しかしここで議会制と政党政治が政府通貨の発行に対する唯一で最大の障害とし

て現れてくる。議会制は租税国家に適合した制度であり、そして会計としての国家

財政を前提に税の取り方と使い方をめぐる党派争いで政治家たちが野心を満足させ

ることが政党政治の存在理由である。しかるに国民経済の客観的な必要に基づいて

通貨が供給されるようになると国家財政の財源という問題は消えてしまい、政党は

存在する理由がなくなる。そこで必要とされるのは弁舌巧みな野心家ではなく良心

的で賢明な通貨管理のプロである。こうした改革に対してはどの政党も死に物狂い

で抵抗するだろう。



 それでも万が一議会制の枠内で政府通貨が発行されたら何が起きるか。政府通貨

は選挙で勝った党派が経済を私物化しその支配を永続させるために使われるだろう。

中国の人民元はそういう共産党の独裁の道具としての党派マネーであり、党のパワ

ーゲームのための通貨はウオール街のマネーゲームに劣らず歪んだ自己破壊的な経

済を生み出している。



 政府通貨が信認される根拠は政府の権威というより、その発行と使途の公共性に

ついての全人民の合意である。だから政府通貨の発行に際しては、国家予算の編成

の徹底的な民主化が必要になる。この民主化はそれほど難しくない。中央銀行と並

んで中央の政府を廃止すればよいのである。具体的に言えば、国家を自治体の連合

体として再組織し、各自治体が市民が参加して編制した予算案を国家信用局に提出

し、信用局が国民経済全体の視点からそれらを調整し統合すればよいのである。こ

の場合、信用局の主な課題はインフレの予防である。



 そして一度政府通貨が発行されたならば、生産と消費を均衡させ経済を安定させ

るために、政府通貨によるベーシック・インカムの保証は不可欠な政策になるだろ

う。



 私は12月27日に東京で「ベーシック・インカムについて考える」と題した講

演をすることになっているのだが、ここでは主に租税国家の解体を問題にし、ベー

シック・インカムは「まずBIありき」ではなく最後の結論として出てくるものであ

ることを強調したいと思っている。そしてこれ以後当分はBIについて語らないつも

りである。




soranimukatte_23 at 17:34|Permalink ベーシックインカム 

2010年12月24日

きょうの空(10.12.24)

17:47
1012240009.JPG

17:48
1012240018.JPG


soranimukatte_23 at 22:53|Permalink 空のアルバム 2010 

最近の気になった記事

「私が見たことと違う」 秋田弁護士刺殺、妻が会見(東京新聞 12/23)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010122301000510.html
神奈川県警、不正経理で500人以上処分へ(読売新聞 12/23)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101223-OYT1T00351.htm

小沢氏、政倫審出席を重ねて拒否 ネット番組で表明(47News 12/23)
http://www.47news.jp/CN/201012/CN2010122301000520.html
10.12.19R・コシミズ独立党大阪学習会「スリルとサスペンスのRK独立党」動画を公開します。(richardkoshimizu's blog 12/22)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201012/article_48.html

金の密輸 摘発件数が過去最多(NHKニュース 12/24)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20101224/k10013037651000.html
イタリア各地で学生デモ 教育予算削減で首相退陣要求(東京新聞 12/23)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2010122302000033.html

「信じること」と「絶対に効くこと」(船井幸雄.com 12/24)
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=201012007

水素が噴煙を上げるスターバースト銀河「M82」 NASA (AFP 12/24)
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2780593/6607600


soranimukatte_23 at 13:36|Permalink 社会 

「2011年【4】」

「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」より、
2010年12月24日の「2011年【4】」を以下に転載させていただきます。
**********
2011年【4】



この年、これまで進みたる立て分けの結果表れん。



邪気強き者は、さらに負に傾き身勝手に生き魂穢し、簡単に罪犯し、人と争い、命の奪い合い、自殺も増えゆくばかり。

正道歩む者はさらに精神高め徳を積み、加護を得ん。



立て分けられし物事、魂、はっきりと目に見えようぞ。



精神の発達伴わぬ文明による人災も多かりて、不必要なるものも表面化し膿み出されん。



近隣の国には戦争の芽ありて、日本も巻き込まれる恐れありなん。

日の本の民の力ありなば、戦争の芽摘むも可能なり。

日本人の和をもたらす民族性を思い起こしその能力発揮できるや否やにて世界情勢も大きく変わりゆかん。



日の本の民族性取り戻すには、和の伝統文化に触れるがよし。

正月は家族揃って祝い、かるた、凧揚げ、独楽回し、羽子板遊び、和歌を楽しむがよからん。



立て分けの結果は一人一人にも表れん。

この年助け少なく、苦しきばかりなれば、まだまだ魂の浄化足りぬなり。

立て分けの結果を謙虚に受け止め、さらに精進するべけれ。

**********
転載元:
「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
http://696.kibanamano.net/


soranimukatte_23 at 13:01|Permalink ホツマの神々 2010